2018年4月5日 更新

【春の花ガーデニング大特集】育てやすい花はコレ!30選ピックアップ

春はガーデニング愛好者にとって待ちに待った季節。春の花といえばパンジーやビオラが定番。寄せ植えや鉢植えなどを庭に置けば、自分だけのお気に入りガーデンが楽しめます。春になると花苗の種類が豊富になるので、今回は植えっぱなしでもOKで育てやすい多年草の花を30種類紹介します!

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

寄せ植えにも使える!春の花たち

 (10668)

春は花苗の種類がとても豊富にあるので、ガーデニング愛好者にとってはどれを選んだら良いのか迷ってしまうほど。気温がどんどん暖かくなるので、春の花たちを庭に植えっぱなしにしても寄せ植えにしても、手入れがしやすい季節になります。

目移りしてしまうくらい可愛らしい花苗たちがある中で、今回は手入れが簡単な、植えっぱなしOKのおすすめ多年草を30種類ピックアップしてみました。

春のガーデニングに人気の花5選

春の花といえば簡単に育てられるパンジー・ビオラが定番ですが、花期は長いものの、どちらも一年草なので毎年繰り返し咲くことはありません。でも、多年草ならよほどのことがない限り次の年にも美しい花を咲かせてくれるので、春が楽しみになります。

春のガーデニングに向いている人気のおすすめ多年草は、次の5種類です。植えっぱなしでもOKで丈夫な花たちなので、手入れが簡単な花苗を探している人にはピッタリです。

・アガパンサス
草丈80~120cmほどに成長し、寒さにも暑さにも強い丈夫な花です。白や青紫などのカラーバリエーションで、シックなお庭を好む人におすすめ。1本の茎の先に、ラッパ上の花を密集させて咲かせます。とても丈夫な花なので、庭に植えっぱなしOKです。開花期は5~8月頃まで。

・アンドロサセ
草丈15~30cmほどで、花径1cm程度のカスミソウに似た白い小花を咲かせます。1本の細い茎から、線香花火のように咲く繊細な花です。寒さに強く暑さには弱い花ですが、こぼれ種からどんどん増えるので、群生して咲く姿がロマンティックです。

・エリゲロン
白やピンク、紫や黄色などのさまざまなカラーバリエーションがあります。草丈20cm程度で、花径2cmほどの可愛らしい小花を次々と咲かせます。寒さにも暑さにも強い花なので、どんどん増えるので庭に植えるならカバープランツとしてもおすすめです。
・オンファロデス
白や青、紫などのカラーバリエーションがありますが、一般的に流通しているのは白が多いです。草丈30~40cmほどで、花径1.5cm程度のカスミソウに似た可憐な小花を咲かせます。寒さには強いのですが、夏の暑さに弱いです。開花期は4~6月頃まで。

・コレオプシス
黄色やピンク、オレンジや赤などのカラーバリエーションがあります。寒さにも暑さにも強く、開花期が5~10月頃まで続くので長い期間花を楽しめます。草丈50~100cmほどに成長するので庭に植えるのがおすすめです。花はコスモスよりシャープな形をしています。

春の鉢植えにおすすめの多年草5選

 (10669)

春の多年草は、花壇に直接植えるだけでなく、鉢植えにして楽しんでもGOODです。様々な種類がありますが、その中から比較的ビギナーでも育てやすい種類を紹介します。

・アメリカンブルー(エボルブルス)
開花期が5~10月頃と長期間ブルーの小花を楽しむことが出来ます。別名エボルブルスとも呼ばれ、横に広がるようにボリュームいっぱいに枝を付けます。日当たりを好むので、よく日が当たる場所に置くようにしましょう。ハンギングバスケット向けです。

・オキザリス
パラソルのように可愛らしい小花を咲かせるオキザリスは、黄色や白、ピンクや紫などカラフルな花色が特徴の多年草です。開花期が10~2月頃と非常に長く、耐寒性・耐暑性に優れているため育てやすい花です。パープルの葉色がシックな、半日陰を好むタイプもあります。

・ガーベラ
色とりどりの花色を持つガーベラは、フラワーアレンジメントなどの切り花としても楽しめる多年草。開花期は3~11月頃ですが、真夏はお休みしますので涼しい場所に鉢を置くと良いでしょう。やや乾燥気味を好むので、水のやり過ぎには注意が必要です。

・シレネ
ふっくらとした袋のような形の花を咲かせます。白やピンクの小花が可憐に咲く姿が、実に見事です。開花期は5~8月頃で、耐寒性が強い多年草です。横に広がるように枝を付けるので、吊るすタイプの鉢に植えるのがおすすめ。種まきでも増えます。

・ゼラニウム
開花期が4~11月と、とても長期間花を楽しませてくれます。白やピンク、赤など、非常に華やかな花色で、次から次へと花を咲かせるのでプランターやハンギングにピッタリ!ベランダに並べたりパーゴラに吊るしたりして楽しむと、見事です。

庭に植えっぱなしでもOK!育てやすい多年草

 (10670)

植えっぱなしの花を楽しむ醍醐味は、やはり庭に多年草を植えること。毎年、春になると咲き始めるお気に入りの花が、待ち遠しく感じるといった楽しみがあります。ここでは、庭に植えっぱなしOKの、丈夫で育てやすいおすすめの多年草を紹介します。

育てやすい!春に咲く花の名前10選

ここでは、育てやすい春に咲く花の名前を10選ピックアップ!開花期の長いものから、耐寒性の強いものまで、育てやすい物ばかりを紹介しています。

・アスチルベ
開花期:5~7月頃
耐寒性:強い
花色:白・ピンク・赤・紫

・イベリス
開花期:4~6月頃
耐寒性:強い
耐暑性:強い
花色:白・ピンク・赤・紫

・エキナセア
開花期:6~8月頃
耐寒性:強い
耐暑性:強い
花色:白・ピンク・赤・オレンジ・黄色・緑など

・オダマキ
開花期:5~6月頃
耐寒性:強い
花色:白・ピンク・赤・オレンジ・黄色・青・紫など

・魚柳梅(ギョリュウバイ)
開花期:4~6月頃
耐寒性:強い
耐暑性:強い
花色:ピンク

・ジギタリス
開花期:5~6月頃
耐寒性:強い
花色:白・ピンク・紫・オレンジ・黄色など

・ヒューケラ
開花期:5~7月頃
耐寒性:強い
花色:白・ピンク・赤・緑

・ペンステモン・ハスカーレッド
開花期:6~9月頃
耐寒性:強い
花色:白・ピンク・赤・紫

・ラベンダー
開花期:4~7月頃
耐寒性:やや強い
花色:白・ピンク・紫

・勿忘草(わすれなぐさ)
開花期:3~6月頃
耐寒性:やや強い
花色:白・ピンク・青・紫

春から秋まで長く咲く花の名前5選

ここでは、春から秋ごろまで長期間花を楽しめるとっておきの5選を紹介します。お庭のお手入れがとにかく苦手だけど、ガーデニングは大好き!そんな人におすすめの種類ばかりです。

・ガウラ
開花期:5~11月頃
耐寒性:強い
耐暑性:強い
花色:白・ピンク・赤

・クリサンセマム
開花期:3~6月頃
耐寒性:やや強い
花色:白・黄色

・チョコレートコスモス
開花期:5~11月頃
耐寒性:やや強い
花色:ピンク・赤・黒

・リクニス・コロナリア
開花期:5~7月頃
耐寒性:強い
耐暑性:強い
花色:白・ピンク・赤など

・ルドベキア
開花期:7~10月頃
耐寒性:やや強い
耐暑性:強い
花色:赤・黄色・茶色など
24 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えを作った後のお手入れ、どうしていますか?花がたくさん咲いている見頃を過ぎて、1種類、また1種類と枯れる植物が出てくると必要なのが植え替えです。そのまま残しておきたい葉物などは残し、部分的に植え替える必要も。寄せ植えを長持ちさせるメンテナンスと植え替え方法をご紹介します。
秋になったら楽しみたい和の植物。どんなものがある?

秋になったら楽しみたい和の植物。どんなものがある?

春・夏は華やかな花に目が奪われますが、秋は和の雰囲気も味わいたいということ、ありませんか?和の花は、お月見などの行事や紅葉にもぴったり。庭植えだけでなく、ミニ盆栽や和の寄せ植えでも楽しみたい和の植物をご紹介します。
春の花壇デザインは色彩で決まる!失敗しないおしゃれな庭づくりとは?

春の花壇デザインは色彩で決まる!失敗しないおしゃれな庭づくりとは?

春の花壇デザインは、色彩バランスの良し悪しでセンスが問われます。春になって気温が少しずつ暖かくなってくると、お気に入りの花を植える花壇づくりの準備が忙しくなりますよね。今年こそおしゃれな花壇にしたいなら、色彩バランスの良いデザインを考えましょう!
五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

キンモクセイの花の香りが漂ってくると秋が来たのだと感じます。他にも、花や葉から心地よい香りがする植物は多いもの。色や姿だけでなく、花の香りに癒されるガーデニングも素敵ですよね。よい香りを楽しめる植物をご紹介します。
【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

冬が近づき気温が下がってくる11月。そして一年で最も日が短くなる12月。晩秋まで咲いてくれていた花も終わり、ちょっと庭も寂しくなってくる季節です。本格的な寒さがやってくる前にやっておきたい庭仕事や、冬越しの準備、室内で育てる植物の管理などをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

kikurin kikurin