2018年1月16日 更新

基本を押さえれば難しくない! 胡蝶蘭を翌年も咲かせるコツ

冬のこの時期、室内で一際目を引く胡蝶蘭! 見た目も豪華で花持ちもよく、贈答用としても断トツの人気を誇る鉢花です。1鉢あればお部屋がぱっと明るくなりますよね。しかしせっかく素敵な胡蝶蘭を手に入れたものの、育て方がわからなくて枯らしてしまう人が意外と多いんです。今回は胡蝶蘭の開花株を手に入れてから翌年花を咲かすまでの育て方のコツをご紹介します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

胡蝶蘭とはどんな植物?

胡蝶蘭

胡蝶蘭

花の少ないこの時期、胡蝶蘭はお花屋さんや園芸店でとても目立つ存在です。胡蝶蘭の美しく咲き揃った花の前で足を止めて見入ってしまった経験をお持ちの方も少なくないと思います。胡蝶蘭は、贈り物としても断トツの人気を誇り、一鉢あるとお部屋がとても華やかになりますよね。

そんな胡蝶蘭を気に入って購入したり、プレゼントで頂いたりすることもあるかと思います。でも暖かい場所に置いて水さえきちんとやればいいと思って育てると、だんだん元気がなくなって、ついには枯れてしまうなんてこともよくあるんです。そのような訳で胡蝶蘭は、栽培の難しい植物だと思われています。

実は胡蝶蘭は、そんなに栽培の難しい植物ではありません。洋蘭の中でもとても丈夫で簡単に花を咲かせることができるんです。せっかく手に入れた胡蝶蘭。正しい栽培方法を知って翌年も花を咲かせましょう。

蝶なの? 蛾なの? 名前の由来

胡蝶蘭とはどんな植物なんでしょう?
原産地はインドやスリランカ、フィリピン、マレーシア、パプアニューギニア、台湾、中国南部などの東南アジア地域とオーストラリアの北部といった熱帯地域。樹木などに着生し空気中から水分を吸収する着生ランの一種です。

蝶のような花の形から日本では胡蝶蘭と呼ばれます。学名はPhalaenopsis(ファレノプシス)といい、これは「蛾のような」という意味です。

胡蝶蘭は単茎性のランです。単茎性とは、他の多くのランのように新しいバルブをつけて増えるのではなく、1つの株が成長していくもの。成長といっても大きくなるわけではなく、葉と根を更新していくのです。なんと胡蝶蘭の寿命は50年もあるそうですよ。

胡蝶蘭の品種は?

 (9318)

胡蝶蘭にはランの中でもとりわけ品種が多く、15.000種以上もあるとのこと。そのため特定の品種名で分けるというよりはサイズや色で分類する場合が多いです。

サイズで分ける場合は、花のサイズが11~15cmが大輪、3~6cmのものが中輪、2~4cmが小輪となります。

色は白系、ピンク系、黄色系、赤系、グリーン系、ブルー系があります。

初心者の方なら小輪のピンク系が花芽が付きやすくてオススメですよ。

贈り物として人気があるのには理由がある

胡蝶蘭は見た目の豪華さ、花持ちの良さなどから贈り物として大変人気があります。開花株は1年を通して流通していますが、本来の花期である冬の開花株なら、条件にもよりますが2ヶ月ぐらいは花を楽しめます。

また「幸福が飛んでくる」という花言葉からお店などの開店祝いなどとしてよく贈られます。

育てやすくて病害虫が少ないのも魅力ですね。

胡蝶蘭の開花株を手に入れたら

 (9319)

今では1年中開花株が入手できる胡蝶蘭ですが、手に入れるのに一番のオススメ時期は本来の花の時期である冬です。何故冬かというと、その後の成長などを考慮して一番自然な形で栽培ができるからです。

なので冬に開花株を手に入れたらということで説明していきます。

快適な状態にするためにはラッピングは取る

 (9320)

64 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【観葉植物・多肉植物・冬の鉢花】上手な冬越しのための管理方法

【観葉植物・多肉植物・冬の鉢花】上手な冬越しのための管理方法

熱帯で育つものが多い観葉植物。春夏は成長期に当たりますが、気温が下がってくる秋から冬にかけては休眠期。夏と同じ手入れ方法をしていると枯れてしまうということも。冬の間の管理方法や植物を室内に移す時期、さらに、ポインセチア、シクラメンなど冬の室内を彩る花のお手入れなどもご紹介します。
庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りで人気の宿根草。一度植えると毎年花を咲かせてくれる姿は嬉しいものです。宿根草にはさまざまな種類がありますが、基本的な育て方にはある程度共通点があります。宿根草の育て方のコツを知っておきましょう。
料理にもガーデンにも使えるハーブ。ローズマリーの育て方と楽しみ方

料理にもガーデンにも使えるハーブ。ローズマリーの育て方と楽しみ方

料理やお茶に利用できるハーブ。中でもローズマリーはガーデンを彩るグリーンとしてもおすすめです。常緑で大株にも育つローズマリーの種類や育て方、利用方法などをご紹介します。
ラズベリーやブラックベリーを育ててみよう!使い方もご紹介

ラズベリーやブラックベリーを育ててみよう!使い方もご紹介

北欧の庭でよく見られるベリー類。育てて収穫できる植物って楽しみも倍増しますよね。そんなベリーの中でも、庭やプランターでも育てやすく、ジャムなどに使いやすいラズベリーやブラックベリーの育て方、使い方などをご紹介します。
使う楽しみがある庭!梅を収穫して梅酒や梅シロップ、梅干を作ろう

使う楽しみがある庭!梅を収穫して梅酒や梅シロップ、梅干を作ろう

生活の場として庭を楽しみたい方におすすめなのが、収穫の楽しみがある庭。毎年たくさんの実をつけてくれる果樹は、収穫してさまざまなものに加工する楽しみもあります。その中でも、梅シロップや梅干などに使える「梅」の育て方や使い方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

lyrica lyrica