2018年10月28日 更新

【観葉植物・多肉植物・冬の鉢花】上手な冬越しのための管理方法

熱帯で育つものが多い観葉植物。春夏は成長期に当たりますが、気温が下がってくる秋から冬にかけては休眠期。夏と同じ手入れ方法をしていると枯れてしまうということも。冬の間の管理方法や植物を室内に移す時期、さらに、ポインセチア、シクラメンなど冬の室内を彩る花のお手入れなどもご紹介します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

室内で育てる観葉植物の特徴

窓の風景|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12248)

観葉植物の秋冬の管理方法は夏と少々異なります。夏と同じように管理していると枯れてしまうことも。

室内で育てる観葉植物の多くは、熱帯産。生育に適した気温が20℃~30℃というものがほとんどです。中には、アイビーなど寒さに強い観葉植物もありますが、耐寒性のない植物は最低気温10℃位になると枯れてしまうため、冬は室内で温度を保って育てます。

幸い、多くの観葉植物は薄暗いジャングルでも育つように耐陰性が強いので、室内でも光が足りずに枯れてしまうということは少なく、温度や水やりなどに注意すれば無事冬を越すことができます。

冬に観葉植物を枯らしてしまう原因とは?

並んだ観葉植物1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12246)

1.寒さ(霜)

冬に観葉植物が枯れてしまう原因で多いのが、寒さ。室内に取り込む時期が遅れたり、思わぬ夜間気温の低下で傷んでしまったり。外に置いてあった観葉植物を室内に取り込むには、鉢をきれいにしたり害虫を駆除したり、いろいろ手間がかかるもの。つい後回しにしているうちに霜にあたって、枯れてしまうこともあります。まだ大丈夫かな、という時期から早めに室内に入れる準備を始めておくといいですね。

2.水のやりすぎ

夏と同じように水やりをしていると、鉢土がいつまでも乾かず、そこに寒さが加わって根が傷んでしまいます。土が湿っているよりも乾いているほうが寒さの影響を受けにくいので、冬の水のやりすぎは禁物です。

3.乾燥

暖房をつけている室内は空気が乾燥しています。葉がパラパラと落ちてくるのは、乾燥によるもの。肌がカサカサに乾くように、植物も葉から水分が奪われます。そのまま枯れてしまう観葉植物も少なくありません。乾燥に弱い植物は湿度を保つ工夫をしましょう。

4.置き場所が合わない

室内に入れてしまえば必ず冬を越せる、というわけではありません。特に、玄関や洗面所などは暖房もなく夜間の気温はかなり下がるため、寒さに弱い植物は枯れてしまうことも。昼と夜の温度差にも要注意です。

また、日当たりが悪い場所に長く置いてある植物も弱ってきます。植物ごとの耐寒性や耐陰性に応じて置き場所を決める必要があります。

部屋に温度計を置いて、夜や明け方の気温が何度くらいになるのか、一度測ってみるといいですね。

5.不適切な植え替え

室内に取り込む時期になってから、つい植え替えしたくなることがあります。ただ、この時期に植え替えをしてしまうと、根が育つ前に寒さにあってしまうことに。
ただでさえ「寒さ」というダメージを受けるのですから、根は傷めずに備えたいもの。植え替えは春まで待ちましょう。
52 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

空気をきれいにしてリラックス!部屋に置きたいエコプラント10選

空気をきれいにしてリラックス!部屋に置きたいエコプラント10選

室内に植物があると空間が生き生きとしてきますよね。室内に観葉植物を置くなら空気をきれいにしてくれるエコプラントを選んでみては?癒し効果だけでなく空気清浄効果もある、ありがたい植物をご紹介します。
【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

冬が近づき気温が下がってくる11月。そして一年で最も日が短くなる12月。晩秋まで咲いてくれていた花も終わり、ちょっと庭も寂しくなってくる季節です。本格的な寒さがやってくる前にやっておきたい庭仕事や、冬越しの準備、室内で育てる植物の管理などをご紹介します。
庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りで人気の宿根草。一度植えると毎年花を咲かせてくれる姿は嬉しいものです。宿根草にはさまざまな種類がありますが、基本的な育て方にはある程度共通点があります。宿根草の育て方のコツを知っておきましょう。
【ガーデニングダイアリー】10月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】10月の庭仕事

春と秋は二大ガーデニングシーズン!気候が良く湿度も低くなってくる10月は、秋のガーデニングに最適です。この時期を逃さず、植物の植え替えや種まき、球根の植え付け、剪定などのお手入れをしましょう。寒さに弱い植物はそろそろ冬越し準備も始めます。
料理にもガーデンにも使えるハーブ。ローズマリーの育て方と楽しみ方

料理にもガーデンにも使えるハーブ。ローズマリーの育て方と楽しみ方

料理やお茶に利用できるハーブ。中でもローズマリーはガーデンを彩るグリーンとしてもおすすめです。常緑で大株にも育つローズマリーの種類や育て方、利用方法などをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S