2018年7月13日 更新

ベランダやガーデンでちょっと優雅に。グランピング気分を楽しもう!

ちょっと優雅に過ごすアウトドアスタイルがグランピング。本来は贅沢に過ごすキャンプを指していますが、家のベランダやガーデンでもこのエッセンスを取り入れてみてはいかがでしょうか。居心地の良いアウトドアリビングの作り方や、ベランダやガーデンでのグランピングスタイルに取り入れたいアイテムなどをご紹介します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

グランピングって?

無料の写真: パティオ, 家具, ソファ, テラス, アウトドア - Pixabayの無料画像 - 364255 (7271)

グランピングとは、グラマラスとキャンピングを掛け合わせた言葉。テントで寝袋に包まるキャンプではなく、もっと優雅で贅沢なキャンプスタイルのことを指します。

同じテントでも、遊牧民のゲルのように居心地よくクッションやラグを敷いたり、贅沢な食材を使ったバーベキューやアウトドア料理を楽しんだり。焚火を囲んで星空を眺める、のんびりハンモックでくつろぐというのもいいですよね。日常とは異なるアウトドア空間ながら、ラグジュアリーで居心地の良さを感じられるのがグランピングです。

そんなグランピングのエッセンスを、家の庭やベランダにも取り入れてみましょう。特にガーデンで贅沢な時間を過ごしたいけれど、夏の間は蚊などの虫がちょっと気になるという人には、気温が下がる秋は、蚊もいなくなりアウトドアで過ごしやすくなるのでおすすめです。

気軽にアウトドア気分を味わえるグランピングスタイルの空間は、言ってみればアウトドアリビング。植物に囲まれたリビングのような作りにして、自然を感じながら快適に過ごすことを意識してみましょう。

居心地が良いオープンカフェのような空間にすれば、休日のブランチや週末の夜を素敵に過ごせそう。みんなでバーベキューを楽しめるような空間もいいですね。

庭やベランダでどんなことをしたいかイメージしてみましょう

テラスで食事|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7274)

グランピングのエッセンスを取り入れる前に、まずは庭やベランダでどんなことをしたいのか、どのような雰囲気にしたいのか、はっきりしたイメージを作ってみるといいようです。

例えば、ベランダをリビングのようにして、お天気のいい日は食事や読書を楽しむ場所にしたい、あるいはゆっくりお酒を傾ける場所にしたいなど、具体的にイメージしてみましょう。ガーデンだったら、ハンモックを置きたい!バーベキューを楽しみたい!という人もいるのではないでしょうか。

高級リゾートのようにしたければ、屋外用のソファーなど高級感のあるグッズを取り入れてグランピングスタイルを完成させましょう。

もっとナチュラルな雰囲気が好みであれば、ガーデン用のウッドチェアやテーブルを置いて、自然素材の布やラグなどで雰囲気を盛り上げると素敵です。

夜になったらランタンの灯りをともしてリラックスしたい!という場合は、鉢植えの植物をライトアップするのもいいですよね。

イメージに近づけるために必要なものは?

 (9042)

イメージ通りのグランピングスタイルを楽しむために、まずはガーデンファニチャーを置く場所をどうするか考えます。
リビングからつながったウッドデッキがあればいいですが、ない場合は庭の一部を芝生にしたり、DIYでレンガやテラコッタタイルを敷いたスペースを作ったりしてみてはいかがでしょうか。
ベランダの場合、ウッドパネルを敷いて室内とつなげればアウトドアリビングの床が完成します。もうひとつのリビングのつもりで居心地よいスペースにしましょう。

ベースができたら、ガーデンファニチャーを置いてみます。さらに、クッションやラグ、鉢植えの植物などのアイテムで空間を作り上げていきましょう。

最近は、ベランダ用のウッドパネルやアウトドア用のチェアなど、グランピングスタイルにも取り入れることができるグッズが手軽に手に入るようになりました。近くにショップがなくても、気に入ったものがあればインターネットの通販で探してみるといいですね。

目隠しにもなる植物はどんなものを選ぶ?

無料の写真: 裏庭, 椅子, レジャー, 庭, ヤード, 夏, パティオ, 家具 - Pixabayの無料画像 - 1474128 (7310)

せっかく居心地よいスペースを作っても、周りの家や道路から見えてしまうとくつろいで過ごせませんよね。もし視線が気になるときは、植栽で目隠しをしてしまいましょう。

芝生やレンガを敷いたスペースを囲むように植栽の位置を工夫して配置します。このとき、高いものと低いものを織り交ぜるのがポイントです。ところどころに木陰を作る木を植えておくと、雑木林の中でくつろいでいるようなガーデンになり、高さが出て目隠しにもなります。
コニファーなどの針葉樹やキンモクセイなどの常緑広葉樹は、1年を通して目隠しになるので、周りから見えて気になる場所にピンポイントで植えるとよいでしょう。

建物の近くやバーベキュースペースの周りなどにおすすめなのは、夏は木陰、冬は陽だまりを作ってくれるモミジやハナミズキなどの落葉広葉樹です。葉が落ちている間は目隠しになりませんが、その分、庭が明るくなります。葉が落ちている間の目隠しには、ウッドフェンスなどを上手に取り入れるとよいでしょう。

リビングとつなげて楽しむベランダ・グランピング

バルコニー|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (7273)

グランピングスタイルの中でも特に人気のあるのが、ベランダ・グランピング。それまであまり使っていなかったベランダも、本を読んだりお茶を飲んだりできるくつろぎの場に変わります。マンションのベランダやテラスをアウトドアリビングのように使えるので、生活空間も広がり開放感もたっぷり!高級リゾートのようなラグジュアリーな家具を置けば、いつでもリゾート気分を味わえますよ。

ポイントは、床の高さや雰囲気をリビングのようにしてしまうこと。ウッドパネルや人工芝、テラコッタタイルなどを使えば、簡単にベランダの床をリビングのように変えられます。工事も必要ないので手軽なのに、見た目が大きく変わるので満足感も高いのではないでしょうか。

気をつけたいのが避難経路の確保。上の階から下りてくるような作りや、ベランダの仕切り板を取り外すようになっている場合は、それを妨げる物の設置はできません。マンションの規約にも注意しましょう。
また、ベランダに敷く床材の高さがリビングよりも高くなってしまうと、雨が降った時に部屋の中に水が入ってしまうことも考えられます。ベランダに直接土を盛って植物を植えることもできません。
鉢植えで背の高い木を植える時は、落ち葉が下に落ちたり他の部屋に入ったりしないように気をつけましょう。
45 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ガーデングッズやエクステリアで簡単に。立体感のある庭作りのススメ

ガーデングッズやエクステリアで簡単に。立体感のある庭作りのススメ

庭にいろいろな植物を植えたのに、全体を見渡すとなぜか単調に見えることはありませんか?それは、もしかすると立体感が足りないのかもしれません。そんな時は、アーチやトレリス、ガーデンチェアなどのエクステリアグッズを足してみるのがおすすめです。庭の広さやデザインに合わせて取り入れてみましょう。
寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えを作った後のお手入れ、どうしていますか?花がたくさん咲いている見頃を過ぎて、1種類、また1種類と枯れる植物が出てくると必要なのが植え替えです。そのまま残しておきたい葉物などは残し、部分的に植え替える必要も。寄せ植えを長持ちさせるメンテナンスと植え替え方法をご紹介します。
【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

冬が近づき気温が下がってくる11月。そして一年で最も日が短くなる12月。晩秋まで咲いてくれていた花も終わり、ちょっと庭も寂しくなってくる季節です。本格的な寒さがやってくる前にやっておきたい庭仕事や、冬越しの準備、室内で育てる植物の管理などをご紹介します。
庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りで人気の宿根草。一度植えると毎年花を咲かせてくれる姿は嬉しいものです。宿根草にはさまざまな種類がありますが、基本的な育て方にはある程度共通点があります。宿根草の育て方のコツを知っておきましょう。
【ガーデニングダイアリー】10月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】10月の庭仕事

春と秋は二大ガーデニングシーズン!気候が良く湿度も低くなってくる10月は、秋のガーデニングに最適です。この時期を逃さず、植物の植え替えや種まき、球根の植え付け、剪定などのお手入れをしましょう。寒さに弱い植物はそろそろ冬越し準備も始めます。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S