2018年5月11日 更新

シンボルツリーにおすすめの木は?選び方や注意点も知っておこう!

玄関脇やアプローチ沿い、リビング前などにシンボルツリーを植えてみませんか?家の周りに緑があると、家が引き立って見えるもの。シンボルツリーとしておすすめの樹種や選び方、木を植える時に注意しなくてはならないことなどをご紹介します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

シンボルツリーの魅力

カフェ|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (9378)

家の前に木があるだけで、なんだかその場が生き生きと見えてきませんか?それがシンボルツリーの力です。

家を引き立て、魅力的に見せてくれるシンボルツリー。植える樹種によって家の印象も大きく変わります。
木を植えるスペースがないという場合も大丈夫。大きな木だけがシンボルツリーというわけではありません。玄関先に置いた鉢植えの木だって立派なシンボルツリーです。

紅葉を楽しめる木や、花を楽しむ木、姿の美しい木。さまざまな木の中から、お気に入りを選んでシンボルツリーにしましょう。

シンボルツリーの選び方

エントランス|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (9377)

落葉樹?それとも広葉樹?

木には落葉樹と常緑樹があります。

シンボルツリーとして1年を通じて葉をつけている木を植えたければ、常緑樹を選びましょう。
常緑樹には広葉樹と針葉樹がありますが、木の葉が揺れるような涼し気な雰囲気を楽しめるのは広葉樹。一方、コニファーは葉が密集した円錐形の形や色を楽しめます。目隠しとしての役割を持たせたいときにも向いています。

四季の変化を楽しみたいという場合におすすめなのが落葉樹。夏には木陰を、冬には陽だまりを作ってくれます。暗くなりがちな冬の玄関先が明るくなるのも魅力ですよね。リビングの前に植える場合も、冬の暖かい日差しを遮らない落葉樹がおすすめです。

植える場所に合わせる

シンボルツリーは、アプローチや門扉脇、玄関脇などに植えることが多いと思います。家との相性を考えて、家を引き立ててくれる木を選びましょう。

樹種を選ぶときに忘れてはならないのが、どの程度大きくなるのかということ。
高さは先端を切り詰めれば調整できますが、枝が広がる姿が美しい木を小さく切り詰めてしまうと、その木本来の美しさが楽しめません。

狭いスペースに植える場合は、ヒメシャラなど枝があまり広がらない木が向いています。
コートハウスの中庭に植えるのであれば、半日陰でもよく育つソヨゴなどもよいでしょう。

株立ちの木を選ぶ

シンボルツリーとして植える木は、この先10年、20年と育つはず。そのままにしていると、それなりに大きく育ちます。木によってはわずか数年で3m以上に育つことも。

高さを抑えるには剪定をすればよいのですが、一本立ちの木は、樹形を美しく保ちながら先端を止める剪定をするのが結構難しいのです。
そのため、シンボルツリーとして植えるなら、剪定しても樹形を保ちやすく成長が緩やかな株立ちの木がおすすめです。株立ちの木は爽やかな印象も魅力。シンボルツリーにぴったりです。

木を植える時に気をつけておきたいこと

 (10992)

植えた木がどの程度成長するのか知っておこう

木を植える前に知っておきたいのは、木は成長して大きくなるということ。「そんなこと当たり前」と思われるかもしれませんが、シマトネリコなど人気の樹種も、油断すると手に負えないくらい大きくなってしまいます。

初めの数年は成長が緩やかに見えても、気付くとぐんぐん高く、幹も太くなっていくため、あまり高くしたくなければ剪定が欠かせません。
植木屋さんに依頼するか、自分でやるか。木の数が少ない場合や手が届く高さであれば、自分で剪定してしまうとよいでしょう。高いはしごに乗らないと届かない高さになったら、業者に依頼するのが賢明です。

高枝切りバサミというものもありますが、手動のハサミタイプは直径1cmほどの細い枝しか切れません。できるだけ枝が細いうちに邪魔な枝は剪定してしまいましょう。
ハサミで切れない枝にはのこぎり刃に交換できるタイプや電動タイプを使うことになります。でも、高い場所の枝を切るのはかなり重労働。できればそうなる前に対処できるといいですね。
61 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

キンモクセイの花の香りが漂ってくると秋が来たのだと感じます。他にも、花や葉から心地よい香りがする植物は多いもの。色や姿だけでなく、花の香りに癒されるガーデニングも素敵ですよね。よい香りを楽しめる植物をご紹介します。
シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

植物を育てるなら日当たりの良い庭が理想!でも、現実はなかなかそうもいきませんよね。そこで、シェードガーデンならではの楽しみ方や、条件別・日陰や半日陰の庭におすすめの植物などをご紹介します。それぞれの庭に合った楽しみを見つけましょう。
おしゃれな北欧風のナチュラルガーデニング!おすすめ植物も紹介

おしゃれな北欧風のナチュラルガーデニング!おすすめ植物も紹介

インテリアでも人気の北欧テイスト。ガーデニングにも北欧テイストを取り入れてみませんか?ポイントを押さえれば意外と簡単。ガーデニング初心者さんにもおすすめです。ナチュラルな北欧風ガーデニングのコツやおすすめ植物をご紹介します。
ベランダガーデニングの基本~条件別ポイントや向いている植物は?

ベランダガーデニングの基本~条件別ポイントや向いている植物は?

ベランダに植物を置いてガーデニングを楽しみたい!という方のために、ベランダガーデニングの基本をまとめてご紹介します。ベランダと庭の条件の違いや、ベランダの特徴とポイント、荷重などの注意点、ベランダに向いている植物などを知り、ベランダガーデニングを楽しみましょう。
ガーデンを彩る「青い花」の魅力。色合わせのヒントやおすすめは?

ガーデンを彩る「青い花」の魅力。色合わせのヒントやおすすめは?

涼し気な印象のある青い花。繊細で優しい雰囲気のナチュラルガーデンにもおすすめです。また、寒色の青い花は、淡い色の花でまとめたガーデンを引き締める効果も。おすすめの青い花や合わせたい植物をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S