2018年8月30日 更新

秋になったら楽しみたい和の植物。どんなものがある?

春・夏は華やかな花に目が奪われますが、秋は和の雰囲気も味わいたいということ、ありませんか?和の花は、お月見などの行事や紅葉にもぴったり。庭植えだけでなく、ミニ盆栽や和の寄せ植えでも楽しみたい和の植物をご紹介します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

秋は和の雰囲気の植物がおすすめ!

 (12042)

和の草花を取り入れてみよう

秋の庭を彩る和のイメージがある植物。植えられるのは、灯篭が置いてあるような純和風の庭ばかりではありません。
春の柔らかい色合いや、夏のビビッドな色合いの花にそろそろ飽きてきた…という場合にも、和の植物でぜひガラッと印象を変えてみてはいかがでしょうか。

和風の植物と線の美しいグラス類の寄せ植えを玄関前にひとつ。それだけで、ぐっと季節感あるおしゃれな雰囲気になります。
ミニ盆栽で楽しんでもいいですね。

和の植物がおすすめな理由

古くから日本で育てられていた植物は、日本の気候に合っているため初心者さんでも育てやすいものがたくさん!また、紅葉した木々にも馴染みやすい雰囲気の植物が多く、秋らしい季節感を出しやすいという点でもおすすめです。

和の植物は華やかさという点では物足りないかもしれませんが、和の植物の楚々とした雰囲気って、とても味わい深いもの。自然な風情があるので、ナチュラルな雰囲気の庭にもよく馴染みます。華やかな花の背景に使ってもいいですね。

あまり手をかけなくても育てやすい宿根草が多いので、ぜひ取り入れてみてください。

ホトトギス(杜鵑草)

 (12043)

ホトトギスは、ユリ科ホトトギス属の多年草。白地に濃い紫色の斑点がはいる花の模様が、ホトトギスという鳥の模様に似ていることから名付けられました。30種ほどの品種のうち、日本に自生するのは約10種。山林などの湿った日陰に生えているため耐陰性があります。
代表的なのは紫色の斑点がある花ですが、白色や黄色の花をつける品種も。いずれも山野草として人気があります。

開花期は8月~9月。花は下の方から何段にも連なるように咲くので、長い期間楽しめます。明るい日陰で育てましょう。

宿根草なので冬に地上部が枯れ、春になると新しい芽を出します。株分けは3月頃。挿し木でも増やせます。アジサイなど低木の足元に植えると豪華な印象。秋の寄せ植えにもおすすめです。

ところで、ユリ科のホトトギスは、ルリタテハの幼虫の大好物。葉を食べられていたら葉の裏をチェックしましょう。トゲトゲのある黒い毛虫が丸まって隠れているので、丸坊主になる前に駆除します。

フジバカマ(藤袴)

秋の七草・フジバカマ 7|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (11790)

フジバカマは、キク科ヒヨドリバナ属の多年草。中国~日本にかけての東アジア原産の植物で、万葉集では山上憶良の「秋の七草」の歌にも登場し、その後古今集などでも詠われています。
このように、かつては日本の秋の野を彩っていたと考えられますが、環境の変化により、残念ながら純粋なフジバカマは現在、準絶滅危惧種に指定されています。

フジバカマは、ギザギザのある切れ目のある葉が対生し、茎の先に赤紫色の小さな花が房のように固まって咲きます。
日当たりの良いやや湿り気のある場所を好み、地下茎でよく増えるので、どちらかというと増えすぎに注意。鉢植えの場合は根詰まりしやすいので毎年植え替えます。

フジバカマの花自体にはあまり香りはありませんが、乾燥させた茎や葉には香りがあり芳香剤として使われたのだとか。花の咲いた後は、摘み取って乾燥させ香りを楽しむと良いですね。

シュウメイギク(秋明菊)

 (12044)

すっと伸びた茎の先につくコロンとしたつぼみ、丸みを帯びた花がかわいらしいシュウメイギク。中国や台湾原産のキンポウゲ科アネモネ属の多年草です。花びらのように見える部分は、実は萼片。開花期は9月~11月頃です。

一重咲きの白や薄いピンク色が一般的ですが、他にも華やかなローズ色などがあり、八重咲きの品種はコスモスによく似た花が咲きます。濃い緑色の葉を持ち、和にも洋にも似合う優雅な姿が魅力。

冷涼な気候を好むので、夏は株元に直射日光が当たらない場所に植えましょう。
耐陰性が強く明るい日陰でも育つので、シェードガーデンにもおすすめです。
37 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えを作った後のお手入れ、どうしていますか?花がたくさん咲いている見頃を過ぎて、1種類、また1種類と枯れる植物が出てくると必要なのが植え替えです。そのまま残しておきたい葉物などは残し、部分的に植え替える必要も。寄せ植えを長持ちさせるメンテナンスと植え替え方法をご紹介します。
五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

キンモクセイの花の香りが漂ってくると秋が来たのだと感じます。他にも、花や葉から心地よい香りがする植物は多いもの。色や姿だけでなく、花の香りに癒されるガーデニングも素敵ですよね。よい香りを楽しめる植物をご紹介します。
【ガーデニングダイアリー】9月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】9月の庭仕事

まだまだ暑さの残る9月。ガーデニングでは、そろそろ秋~冬にかけて楽しむ植物の準備が始まります。夏花壇の片づけや秋の草花の準備、種まき、用害虫の予防、植え替えなどやることはたくさん!この時期にやっておきたい庭仕事などをご紹介します。
シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

植物を育てるなら日当たりの良い庭が理想!でも、現実はなかなかそうもいきませんよね。そこで、シェードガーデンならではの楽しみ方や、条件別・日陰や半日陰の庭におすすめの植物などをご紹介します。それぞれの庭に合った楽しみを見つけましょう。
春の花壇デザインは色彩で決まる!失敗しないおしゃれな庭づくりとは?

春の花壇デザインは色彩で決まる!失敗しないおしゃれな庭づくりとは?

春の花壇デザインは、色彩バランスの良し悪しでセンスが問われます。春になって気温が少しずつ暖かくなってくると、お気に入りの花を植える花壇づくりの準備が忙しくなりますよね。今年こそおしゃれな花壇にしたいなら、色彩バランスの良いデザインを考えましょう!

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S