2018年11月2日 更新

単調にならない植栽のコツは?フォルムや葉の色を考えたガーデニング

ガーデンに植える植物を選ぶとき、好きなものばかり選んでなんだか単調な印象になってしまうという悩みはありませんか?植物には葉の形や色、全体のフォルムなどさまざまな要素があります。ぜひ、植物の持つさまざまな要素に目を向けて、変化のある庭を作ってみましょう。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

庭の植栽がなんだか単調だと感じたら?

Kaoru Sakamoto (12303)

via Kaoru Sakamoto
「植物を育てるのが好き」「花が好き」という場合、普通は、身近で育ててみたい自分の好きな植物を選びますよね。淡い色の花が好き、はっきりした色を選びがち、など好みは人それぞれです。
好きな花に囲まれていれば幸せ!「植物を育てる」ことが中心の庭だったら、無理に変化を求める必要はありません。

でも、庭を眺めていて「庭の植栽がなんだか物足りない…」と思ったら、自分の守備範囲外の植物にも目を向けてみてはいかがでしょうか。
思わぬ組み合わせがおしゃれな雰囲気を醸し出したり、好きな花をより引き立ててくれたりするかもしれません。

どんな庭にしたいか考えてみる

 (12693)

花のつき方や雰囲気、草丈などが似たような花ばかりを集めると高原の花畑のようなナチュラルな庭になり、花の咲かない(あるいは花が目立たない)葉ばかりで構成するとマンションの外構や和風の庭にあるような植え込みになります。

まずは、花を主体にしたいのか、宿根草を育てたいのか、メンテナンスフリーの緑を主体にしたいのかなど、方向性を決めておくと失敗がありません。

どのような庭にしたいのか考えたら、ちょっと色味を変えたい場所や、何か物足りないと感じる場所に、少し雰囲気の違う植物を置いてみましょう。始めのうちは、なんだか変な組み合わせになってしまったということもあるものですが、そのうちコツがつかめてきます。

ガーデニング雑誌などで気に入った庭があったら、真似をしてみるのもいいですね。実際にいろいろな庭を見て、どんな植物を使っているのか観察してみるのもおすすめです。

植物の要素

 (12694)

植物は、花や葉の色、葉の形、草丈、雰囲気、全体のフォルムなどさまざまな要素を持っています。その他、一年草か多年草か、枝分かれして茂るのか1本だけ花茎が伸びるのかなど、花のつき方や育ち方にも違いがあります。

これらを上手く組み合わせることで、変化のある庭が出来上がるわけですが、花の咲く時期や季節による姿の変化などを考えながら組み合わせるのは、とても複雑で大変な作業です。でも、好きな植物を植えて “いい雰囲気" になった庭を眺めるのはとても幸せな時間。
最初は少しずつ、何か変化をもたらせてくれそうな要素を取り入れてみましょう。

植栽に変化をつけるコツ

花の色を変える

 (12695)

花の咲く植物を選ぶ際、普通は花の色を重視して選ぶのではないでしょうか。同じ花でも色の違うさまざまな品種があり、花の色によって雰囲気はガラッと変わります。
でも、広い庭だったらいいのですが、小さな庭で花の色がバラバラだと、まとまりがなくなってしまうこともありますよね。

花は咲く時期が決まっています。春から初夏にかけて咲く花と、夏の間咲く花、秋から冬にかけて咲く花の3パターンに分けて考えてみましょう。
春から秋まで長期間咲き続ける花を植える場合は、その花に合う色合いの一年草を次々植え替えていくと、季節ごとの変化を楽しみながらまとまりのある植栽になります。

黄色と赤、紫など、かなり色合いが異なる花を植える場合は、それぞれの色の花ごとにまとめて植えるギャザリングという方法もおすすめです。花と花の間にグリーンを挟むと色同士がけんかしません。

淡い色の花を引き立たせたいときにも、何株かまとめて植えてみてください。一株だけでは弱々しく目立たない花もボリュームアップして存在感を増してきます。

全体が無難にまとまりすぎていると感じたときは、差し色を入れてみましょう。黄色の中に少しだけ紫色の花を入れたり、淡い色合いの中に少しだけ濃い色合いの花を入れたり。全体をピリッと引き締める役割の花を少量だけ入れると、植栽に変化が出てきます。

葉の色を変える

Kaoru Sakamoto (12322)

via Kaoru Sakamoto
32 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

植物を育てるなら日当たりの良い庭が理想!でも、現実はなかなかそうもいきませんよね。そこで、シェードガーデンならではの楽しみ方や、条件別・日陰や半日陰の庭におすすめの植物などをご紹介します。それぞれの庭に合った楽しみを見つけましょう。
庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りで人気の宿根草。一度植えると毎年花を咲かせてくれる姿は嬉しいものです。宿根草にはさまざまな種類がありますが、基本的な育て方にはある程度共通点があります。宿根草の育て方のコツを知っておきましょう。
狭いスペースだからこそできる!植物で家を美しく演出するコツ

狭いスペースだからこそできる!植物で家を美しく演出するコツ

玄関周りや建物と道路の間のちょっとしたスペース、アプローチ沿いなど、狭いスペースこそおしゃれに見える演出をしやすいもの。そんなスペースに緑を取り入れる際のポイントや、スペースに合わせた植栽のコツなどを押さえておきましょう。
寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えを作った後のお手入れ、どうしていますか?花がたくさん咲いている見頃を過ぎて、1種類、また1種類と枯れる植物が出てくると必要なのが植え替えです。そのまま残しておきたい葉物などは残し、部分的に植え替える必要も。寄せ植えを長持ちさせるメンテナンスと植え替え方法をご紹介します。
五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

キンモクセイの花の香りが漂ってくると秋が来たのだと感じます。他にも、花や葉から心地よい香りがする植物は多いもの。色や姿だけでなく、花の香りに癒されるガーデニングも素敵ですよね。よい香りを楽しめる植物をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S