2018年6月15日 更新

シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

植物を育てるなら日当たりの良い庭が理想!でも、現実はなかなかそうもいきませんよね。そこで、シェードガーデンならではの楽しみ方や、条件別・日陰や半日陰の庭におすすめの植物などをご紹介します。それぞれの庭に合った楽しみを見つけましょう。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

シェードガーデンって?

 (11416)

シェードガーデンとは、日陰の庭のこと。本来は、大きな木を植えて木陰を作り、そこに半日陰を好む植物を配置して作った庭のことを指します。
実際には、日当たりがあまり良くない日陰の庭や半日程度日が当たる半日陰の庭、植えてある樹木により木陰になる木漏れ日のある庭などをまとめてシェードガーデンと呼んでいます。

日本の場合、住宅事情によって日当たりの良い庭ばかり作れるわけではありませんよね。住宅密集地では、どうしても建物の陰になってしまい日当たりがあまり良くない庭もあります。また、一つの庭の中でも日当たりの良い場所と日陰になる場所が出てきます。

そのような場所でも、その環境に合った植物を選んで作る魅力的な庭がシェードガーデン。半日しか日が当たらない、植栽スペースが北側、狭いアプローチ沿いの庭など、さまざまな条件をクリアした素敵なガーデンを作りましょう。

シェードガーデンを美しく見せるポイント

 (11417)

シェードガーデンはマイナスイメージ?

「シェードガーデン=日当たりが悪い」と考えてしまうと、マイナスのイメージがわくかもしれません。
しかし、シェードガーデンは木漏れ日のような日が差す穏やかな気候の庭だとも考えられます。特に、真夏の強い日差しが照り付ける環境と比べると、半日陰の方が植物にとっても優しい環境と言えることも。日陰と相性の良い植物を選べば、素敵なシェードガーデンを作ることができます。

シェードガーデンの魅力

シェードガーデンの魅力は、強い直射日光が当たらないのでしっとり落ち着いて見えること。一方で、土がむき出しになっている部分が多いと寂しく荒れた印象にもなりがちです。ぜひ、常緑のグラウンドカバーを取り入れてみましょう。
日当たりの良い場所で育つ植物の中にも、意外と耐陰性が強いものや、夏の日差しはちょっと苦手というものも多いのです。季節によりそのような植物を上手に取り入れてみるといいですね。

日陰でも育つ植物は丈夫で手入れが簡単なものが多いため、ローメンテナンスの庭を作ることができるのもシェードガーデンの大きな魅力。さまざまなグリーンで一度植栽を作ってしまえば、あまり手をかけずに美しい状態を保てます。

美しいシェードガーデンを作るコツ

ベースになるグリーンを決めたら、あとはポイントになる花の咲く植物を配置してみましょう。ある程度大型のアジサイやアガパンサスなどを植えると広いスペースでも見栄えがします。
アプローチ沿いなどの狭いスペースには、ミヤコワスレやシャガなどを植えると邪魔にならず足元を明るく彩ってくれます。

株元の日当たりが悪くても上に伸びれば日が当たるのであれば、つる植物もおすすめです。

庭が「どのような日陰なのか」を考えて、そこで元気に育つ植物を選びましょう。

そして、環境に合った植物を選ぶだけでなく、レンガやトレリスなどの構造物で空間を補うのもポイントです。
例えば、建物の北側のアプローチだったら、レンガの小路を作って平面に変化をつけたり、暗くなりがちな壁面は明るい色の柵などでポイントを作ったり。エクステリアグッズを上手に取り入れてみましょう。

シェードガーデンの種類

木漏れ日|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (11161)

木漏れ日が当たる半日陰の庭

木漏れ日の当たる明るい半日陰は、さまざまな植物にとって生育しやすい場所。特に、落葉樹の下は冬は陽だまり、夏は強い日差しを遮ってくれる理想的な環境です。球根類や暑さが苦手な草花類も良く育つので、あまり植える植物を選びません。

一方、針葉樹や常緑広葉樹が茂っている場所は、どうしても暗く日当たりが悪くなりがち。森林で育つ植物をイメージして、耐陰性の強い植物を植えるとよいでしょう。おすすめはタマリュウやシダ類、アジュガ、ホスタなど。和の庭に使われるツワブキなどの植物も向いています。
日当たりを良くするために、枝透かしなどを行って木の下も適度な明るさを保てれば、花の咲く植物も植えられます。
70 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えを作った後のお手入れ、どうしていますか?花がたくさん咲いている見頃を過ぎて、1種類、また1種類と枯れる植物が出てくると必要なのが植え替えです。そのまま残しておきたい葉物などは残し、部分的に植え替える必要も。寄せ植えを長持ちさせるメンテナンスと植え替え方法をご紹介します。
五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

キンモクセイの花の香りが漂ってくると秋が来たのだと感じます。他にも、花や葉から心地よい香りがする植物は多いもの。色や姿だけでなく、花の香りに癒されるガーデニングも素敵ですよね。よい香りを楽しめる植物をご紹介します。
【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

冬が近づき気温が下がってくる11月。そして一年で最も日が短くなる12月。晩秋まで咲いてくれていた花も終わり、ちょっと庭も寂しくなってくる季節です。本格的な寒さがやってくる前にやっておきたい庭仕事や、冬越しの準備、室内で育てる植物の管理などをご紹介します。
庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りで人気の宿根草。一度植えると毎年花を咲かせてくれる姿は嬉しいものです。宿根草にはさまざまな種類がありますが、基本的な育て方にはある程度共通点があります。宿根草の育て方のコツを知っておきましょう。
【ガーデニングダイアリー】10月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】10月の庭仕事

春と秋は二大ガーデニングシーズン!気候が良く湿度も低くなってくる10月は、秋のガーデニングに最適です。この時期を逃さず、植物の植え替えや種まき、球根の植え付け、剪定などのお手入れをしましょう。寒さに弱い植物はそろそろ冬越し準備も始めます。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S