2017年11月2日 更新

おしゃれな北欧風のナチュラルガーデニング!おすすめ植物も紹介

インテリアでも人気の北欧テイスト。ガーデニングにも北欧テイストを取り入れてみませんか?ポイントを押さえれば意外と簡単。ガーデニング初心者さんにもおすすめです。ナチュラルな北欧風ガーデニングのコツやおすすめ植物をご紹介します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

北欧テイストのインテリアに合うガーデンは?

 (6988)

日本で人気の北欧テイストのインテリア。淡い色合いの板張りの床や白い壁、白木の家具などナチュラルな雰囲気のインテリアです。はっきりした色合いのクッションやタペストリーなど、テキスタイルで明るさを加えるのも特徴です。

北欧スタイルとは、デンマークやフィンランドなど北欧の国々の住宅や家具にみられる、シンプルでナチュラルなデザインのこと。使用する素材はぬくもりを感じられる自然素材。夏が短く冬の日照時間が短い北欧では、室内に白い色を取り入れて光の反射を多くすることで家全体を明るくしているのだとか。さらに、温かみと深みを出してくれる照明器具による光で家の中を居心地よくするのがポイントです。

せっかく北欧風のインテリアにするのだったら、ガーデンも北欧風にこだわってみたいもの。コツをつかめば、北欧風の演出は意外と簡単です。ぜひトライしてみましょう。

キーワードはナチュラル&リラックス!

 (7114)

北欧風ガーデンのキーワードは、ずばり「ナチュラル」。「自然な」とも「飾り気のないこと」とも訳せます。実際には細部まで計算して作りこんでいても、いかにも作り込んだという感じにしないのが北欧風ガーデンに見せるポイントです。

ナチュラルに加えて「リラックス」もキーワード。のんびりゆっくりと過ごすことができる庭は北欧の人にとって大切な居場所。肩の力を抜いた居心地の良さを大切にしたガーデンが、北欧風ガーデンと言えるのです。

自然素材で北欧テイストに

リラックスした雰囲気を演出するために使いたいのが温かみを感じさせる自然素材。ガーデングッズやエクステリアは木製などの自然素材を選びましょう。
古びた感じを出すために、敢えてアンティーク風のペイントをするとより雰囲気が盛り上がります。ガーデングッズには使い込んだアンティーク風の加工を施したものも多いですよね。ピカピカの新品ではなく、そのようなグッズを使うとナチュラルな北欧風ガーデンに近付きます。

もうひとつ、北欧風ガーデンで気にしたいのが色合いです。木製フェンスも白やブルーに塗装して淡い爽やかな色合いでまとめると北欧っぽさが増します。ポイントとして落ち着いたグリーンやえんじ色を使うのもいいですね。使う分量は抑え気味に。例えばアイアンのポストや窓枠、トレリスなど、1か所か2か所にするとおしゃれです。

北欧風ガーデンにおすすめのグッズや素材

北欧の庭から、アウトドアチェア|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (5705)

アンティークレンガ

ガーデンをおしゃれに演出してくれるアンティークレンガ。アプローチに敷き詰めたり、花壇に利用したり。庭をこなれた感じにしてくれます。
アンティークレンガは、新品のレンガと異なり色や形がさまざまなので、敷き詰めたときに色合いが複雑になり深みが出ます。庭をより印象深くしたいときに使ってみましょう。

枕木

古びた雰囲気のある枕木は、アプローチやステップなどに利用するとナチュラルな雰囲気づくりに一役買ってくれる便利もの。ホームセンターや大型のガーデニングショップ、通販などでも手に入るので人気があります。
枕木と一言で言っても、色や形、サイズが異なるものや、防腐剤注入品、未注入品などさまざまな種類があります。
本物の枕木はとても重いので一人で作業をするのは大変です。白アリなどの害虫が発生することもあるため、木造家屋の近くに使用するのは避けたほうがよいかもしれません。耐用年数も10年ほどです。擬木などもあるので使用目的に応じて選ぶとよいでしょう。

木製フェンス、ラティス

88 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

植物を育てるなら日当たりの良い庭が理想!でも、現実はなかなかそうもいきませんよね。そこで、シェードガーデンならではの楽しみ方や、条件別・日陰や半日陰の庭におすすめの植物などをご紹介します。それぞれの庭に合った楽しみを見つけましょう。
寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えを作った後のお手入れ、どうしていますか?花がたくさん咲いている見頃を過ぎて、1種類、また1種類と枯れる植物が出てくると必要なのが植え替えです。そのまま残しておきたい葉物などは残し、部分的に植え替える必要も。寄せ植えを長持ちさせるメンテナンスと植え替え方法をご紹介します。
五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

キンモクセイの花の香りが漂ってくると秋が来たのだと感じます。他にも、花や葉から心地よい香りがする植物は多いもの。色や姿だけでなく、花の香りに癒されるガーデニングも素敵ですよね。よい香りを楽しめる植物をご紹介します。
【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

冬が近づき気温が下がってくる11月。そして一年で最も日が短くなる12月。晩秋まで咲いてくれていた花も終わり、ちょっと庭も寂しくなってくる季節です。本格的な寒さがやってくる前にやっておきたい庭仕事や、冬越しの準備、室内で育てる植物の管理などをご紹介します。
庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りで人気の宿根草。一度植えると毎年花を咲かせてくれる姿は嬉しいものです。宿根草にはさまざまな種類がありますが、基本的な育て方にはある程度共通点があります。宿根草の育て方のコツを知っておきましょう。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S