2018年10月26日 更新

【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

冬が近づき気温が下がってくる11月。そして一年で最も日が短くなる12月。晩秋まで咲いてくれていた花も終わり、ちょっと庭も寂しくなってくる季節です。本格的な寒さがやってくる前にやっておきたい庭仕事や、冬越しの準備、室内で育てる植物の管理などをご紹介します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

11月・12月は冬越し準備を始める時期

 (12566)

寒さに弱い植物は室内へ

寒さに弱い植物は室内へ移動させます。植物によって、早めに室内へ移動させたほうが良いものや、12月まで屋外で大丈夫なものがあります。
室内に移動させた後も、天気が良い日は外に出したり窓を開けたり。気温に気をつけながら外気にも触れさせてあげるといいですね。

室内に取り込む際は、害虫に注意。暖かい室内では、アブラムシなどが一気に増えることもあります。虫がついているようだったら、まず駆除してから取り込みましょう。

宿根草にマルチングをしよう

地植えで冬を越す宿根草に腐葉土などでマルチングを行います。マルチングの素材には、バークチップや水苔などがありますが、腐葉土は春になったらそのまま土にすき込めるのでおすすめです。
何かとあわただしい12月に入る前に済ませておくといいですね。

外で冬越しする鉢植えの寒さ対策と水やり

外で冬越しする鉢植えも、霜が降りるような寒さは要注意。
寒さ除けに不織布などで覆うか、軒下に避難させましょう。発砲スチロールの箱や大きなプランターの中に鉢を集めておくと、寒さの影響も減らせます。地面に直接鉢を置かず、鉢台の上に乗せたり、大きめの鉢の中に入れて鉢を2重にしたりするのもおすすめです。

冬は空気が乾燥しているため、土も乾燥しがち。つい水やりを忘れがちな時期ですが、土の様子をみながら与えましょう。
水やりの時間帯にも注意が必要です。冷え込む夜の間、土が湿っていると土の中の水分が凍って根がダメージを受けやすくなります。夕方以降の水やりは避け、午前中に済ませましょう。

種まきと草花・球根の植え付け

パンジー スプリング ポット · Pixabayの無料写真 (12180)

秋まき一年草の種まき

温暖地では11月初旬頃まで、スイートピーやカンパニュラなどの秋まき一年草の種まきができます。できるだけ早めにまいて、本格的な寒さがくる前にある程度しっかりした苗に育てましょう。
定植後は霜があたらないように保温して育てます。苗が小さい場合は、暖かくなるまでポットで育てると安心です。

花壇への植え付け

シロタエギクやハボタン、パンジー、ビオラなどの植え付けは12月頃まで可能です。

春咲き球根の植え付け

59 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ガーデニングダイアリー】10月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】10月の庭仕事

春と秋は二大ガーデニングシーズン!気候が良く湿度も低くなってくる10月は、秋のガーデニングに最適です。この時期を逃さず、植物の植え替えや種まき、球根の植え付け、剪定などのお手入れをしましょう。寒さに弱い植物はそろそろ冬越し準備も始めます。
庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りで人気の宿根草。一度植えると毎年花を咲かせてくれる姿は嬉しいものです。宿根草にはさまざまな種類がありますが、基本的な育て方にはある程度共通点があります。宿根草の育て方のコツを知っておきましょう。
【ガーデニングダイアリー】9月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】9月の庭仕事

まだまだ暑さの残る9月。ガーデニングでは、そろそろ秋~冬にかけて楽しむ植物の準備が始まります。夏花壇の片づけや秋の草花の準備、種まき、用害虫の予防、植え替えなどやることはたくさん!この時期にやっておきたい庭仕事などをご紹介します。
シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

植物を育てるなら日当たりの良い庭が理想!でも、現実はなかなかそうもいきませんよね。そこで、シェードガーデンならではの楽しみ方や、条件別・日陰や半日陰の庭におすすめの植物などをご紹介します。それぞれの庭に合った楽しみを見つけましょう。
寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えを作った後のお手入れ、どうしていますか?花がたくさん咲いている見頃を過ぎて、1種類、また1種類と枯れる植物が出てくると必要なのが植え替えです。そのまま残しておきたい葉物などは残し、部分的に植え替える必要も。寄せ植えを長持ちさせるメンテナンスと植え替え方法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S