2018年9月14日 更新

料理にもガーデンにも使えるハーブ。ローズマリーの育て方と楽しみ方

料理やお茶に利用できるハーブ。中でもローズマリーはガーデンを彩るグリーンとしてもおすすめです。常緑で大株にも育つローズマリーの種類や育て方、利用方法などをご紹介します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

ローズマリーの基本情報

 (12116)

ハーブとして知られるローズマリーは、シソ科マンネンロウ属の常緑低木。松のような葉と青い花、ピリッとした香りが特徴で、料理や薬用として利用するほか、緑化樹としてハーブガーデンだけでなく庭を彩るグリーンとしても用いられます。

ローズマリーの自生地は地中海沿岸地域。海辺の崖地などで育ちます。乾燥した土地で咲く青い小さな花がまるで海の波のしずくのように見えることから、ラテン語で「ロスマリヌス(海のしずく)」と呼ばれていたことが、ローズマリーの名前の由来だと言われています。

ローズマリーには殺菌作用のある成分が含まれており、古くから空気の浄化や病気の感染予防、魔除けにも用いられてきました。
また、集中力や記憶力を高めるハーブとしても知られ、古代ローマではローズマリーの花冠を被って集中力を高めていたのだとか。

ローズマリーには血行促進作用や抗酸化作用があるとされ、ハーブティーや抽出液は美容にも使われます。

ローズマリーの性質は?

 (12117)

ローズマリーの自生地である地中海沿岸地域は、一年を通して温暖。冬は雨が降りますが、夏は乾燥して強い日差しが降り注ぎます。そのような地域に自生するローズマリーも乾燥に強いのが特徴です。

乾燥した地域で育つ植物なので高温多湿に弱いのかと思ってしまいますが、ローズマリーは日本の夏の気候にもよく順応し強健。耐寒性・耐暑性ともに強く、すくすくとよく育ちます。
乾燥しがちなベランダでは夏も元気に育つ力強さが魅力。庭に植えるとさらに大株に育ちます。種類によって樹高は異なりますが、立ち性では2mほどになるものも。
害虫や病気にも強く、あまり手をかけずに育てられるハーブです。

どれを選ぶ?ローズマリーの種類

 (12118)

ローズマリーには茎がまっすぐに立ち上がる立ち性タイプと、這うように茂るほふく性タイプがあります。立ち性とほふく性両方の性質を持った中間タイプもあるので、植える場所や目的によって選びましょう。

立ち性

すっと上に向かって伸びる枝が特徴の立ち性タイプ。枝分かれしながらこんもりとした樹形に育ち、低木ながら樹高2mほどになるものも。
株が若いうちはまっすぐ立ち上がるように育ちますが、徐々に枝が横に張り出すように育ち、そこから若い枝が立ち上がります。
鉢植えにも庭植えにも使いやすく、生垣にもおすすめ。庭のフォーカルポイントに使ってもいいですね。
さまざまな品種があり、花の色や樹形も異なります。好みのものを選びましょう。
・マリンブルー
強健で育てやすい立ち性ローズマリー。濃い青色の花が咲きます。

・トスカナブルー
立ち性の代表的なローズマリー。薄紫色の花が咲きます。花壇の縁取りや生垣にもおすすめ。

・マジョルカピンク
ピンク色の花が咲く立ち性ローズマリー。葉が小さく枝はしなやかなカーブを描きます。

・オフィキナリス
ローズマリーの基本種。白に近い淡紫色の花が咲きます。

ほふく性

こんもりとした丸い茂みを作るほふく性タイプ。クリーピングローズマリーとも呼ばれます。
ほふく性と言ってもツタのように壁を這い上るというわけではなく、茎がしなやかに曲がりながら絡まって育ち、グラウンドカバーにも使えます。石垣などに沿って植えると、石の上を覆うように這いながら茂ります。
・プロストラータス
ほふく性で水色の花が咲くローズマリー。高いところに植えると垂れ下がって這うように育ちます。
半耐寒性で、生育最低気温は−5℃程度。
50 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りで人気の宿根草。一度植えると毎年花を咲かせてくれる姿は嬉しいものです。宿根草にはさまざまな種類がありますが、基本的な育て方にはある程度共通点があります。宿根草の育て方のコツを知っておきましょう。
庭の印象を変える外構デザイン。オープン外構とクローズ外構とは?

庭の印象を変える外構デザイン。オープン外構とクローズ外構とは?

家の外観を左右する外構デザイン。最近はオープン外構が流行りですが、クローズ外構とオープン外構それぞれにメリット、デメリットがあります。ライフスタイルやガーデンデザインによって植栽やフェンスなど向いている外構も変わります。何を重視するか考えて、納得できる外構デザインを選びましょう。
ラズベリーやブラックベリーを育ててみよう!使い方もご紹介

ラズベリーやブラックベリーを育ててみよう!使い方もご紹介

北欧の庭でよく見られるベリー類。育てて収穫できる植物って楽しみも倍増しますよね。そんなベリーの中でも、庭やプランターでも育てやすく、ジャムなどに使いやすいラズベリーやブラックベリーの育て方、使い方などをご紹介します。
寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えを作った後のお手入れ、どうしていますか?花がたくさん咲いている見頃を過ぎて、1種類、また1種類と枯れる植物が出てくると必要なのが植え替えです。そのまま残しておきたい葉物などは残し、部分的に植え替える必要も。寄せ植えを長持ちさせるメンテナンスと植え替え方法をご紹介します。
【観葉植物・多肉植物・冬の鉢花】上手な冬越しのための管理方法

【観葉植物・多肉植物・冬の鉢花】上手な冬越しのための管理方法

熱帯で育つものが多い観葉植物。春夏は成長期に当たりますが、気温が下がってくる秋から冬にかけては休眠期。夏と同じ手入れ方法をしていると枯れてしまうということも。冬の間の管理方法や植物を室内に移す時期、さらに、ポインセチア、シクラメンなど冬の室内を彩る花のお手入れなどもご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S