2017年8月22日 更新

秋までの花で寄せ植えチャレンジ!たった1鉢でお庭がセンスアップ♪

寄せ植えは、花苗だけでなく葉物もバランスよく組み合わせるのがコツ。葉物(カラーリーフ)を使うだけでも、とてもセンス良くまとまった夏の寄せ植えが作れます。たった1鉢でもOK。ぜひ存在感のある夏の寄せ植えにチャレンジしてみましょう!

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

センスの良い寄せ植え

1、レッドの組み合わせは情熱的

初めて寄せ植えにチャレンジする方で、赤はちょっと苦手……。そう言うって、意外と多いのです。その理由を理由として聞いてみると、「派手に見えるイメージがあるから」。だからなのだそうです。

これは非常に残念な事だと思いませんか?実は、赤い花を使う寄せ植えは、とても情熱的なイメージです。しかも遠くからお庭や玄関を見ると、とても見栄えするカラーバリエーションですよ。

これまでレッド系のお花が苦手だった方は、思いきってチャレンジしてみまましょう。

2、グリーン系は涼やかなイメージ

グリーンの寄せ植えは、癒し系カラーですね。暑い夏を涼やかな気分にさせてくれる、そんなイメージでしょうか。グリーン系は個人的にも非常に人気があると思います。優し気なお花を咲かせてくれるハーブの寄せ植えなどは、プロのガーデナーも好んで使う植物です。

しかも、癒される香りだけでなくハーブティーやお料理にも使えますから、特に女性のガーデナーに人気なのは納得です。

もし癒し系の寄せ植えにチャレンジしたい方は、グリーン系の寄せ植えを選んでも良いとおもいます。

3、色鮮やかなイエローは目を惹く

イエロー系は、秋の寄せ植で一番人気があると言っても良いかもしれませんね。マリーゴールドやジニア、キバナコスモスが非常に人気があります。寄せ植えをする高さとしてもジャストサイズなので、扱いやすい事も人気の秘密かもしれません。

後方にはシロタエギクやカレックス、ブルー系のサルビアなどを組み合わせても素敵ですよね。非常に元気なお花たちの寄せ植えになりますので、どんどん成長し多くのお花を咲かせてくれます。

そのままにしておくと根腐れしてしまう可能性が高いので、こまめに花殻は摘み取るようにしてあげましょう。

秋までの寄せ植えは「花苗の相性」がポイント

 (5971)

寄せ植えのポイントは、季節に関係なく「花選びの相性」が大事だとだと思っておくと良いでしょう。もう少しわかりやすく説明すると、日当たりの良い場所に置く場合の寄せ植えと、日陰に置く場所に置く寄せ植えとでは、管理の仕方が多少違います。

夏の寄せ植えと秋の寄せ植えとでは、多少管理のやり方も違ってきますので、このポイントをしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

・日当たりを考えて組み合わせる

日当たりの良い場所を考えアレンジした寄せ植えの場合、出来るだけ秋の雰囲気をイメージできる植物も入れるとベストです。日当たりの良い場所に寄せ植えを置くという事は、誰かの目に留まることが多い場所ということですから、秋の雰囲気をアピールできる絶好のポイントになります。

そういった意味を考えると、やはり秋の雰囲気を感じることができる植物は、背景でも良いので1つは入れてみてくださいね。

・水分調整を考えた花苗選びをする

日当たりの良い場所に置く寄せ植えとは逆に、日陰に置く寄せ植えの場合は、水分調整に注意しなければなりません。

例え日陰とはいえ、夏の場合の水分調整とは少し違います。秋の日陰に置く寄せ植えならば、夏と違いほとんど鉢の中の水分がなくなるという事が少なくなりますから、余分な水は与えないようにしましょう。

それと、鉢底に水の受け皿を置くこともお勧めしません。水分は、秋であっても夏であっても、鉢底から余計な水分は流し、新鮮な空気を通す環境にしておくのが大切です。時々でも構いませんので、時々でも日当りの良い場所に置くことが出来るのならば、たまには日光に当てるようにして下さい。

それでも無理ならば、寄せ植えをする前に、日陰に置いても問題ないお花を選んでから寄せ植えをするのがベストです。

お花が主役のおすすめデザイン

32 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

秋になったら楽しみたい和の植物。どんなものがある?

秋になったら楽しみたい和の植物。どんなものがある?

春・夏は華やかな花に目が奪われますが、秋は和の雰囲気も味わいたいということ、ありませんか?和の花は、お月見などの行事や紅葉にもぴったり。庭植えだけでなく、ミニ盆栽や和の寄せ植えでも楽しみたい和の植物をご紹介します。
ラズベリーやブラックベリーを育ててみよう!使い方もご紹介

ラズベリーやブラックベリーを育ててみよう!使い方もご紹介

北欧の庭でよく見られるベリー類。育てて収穫できる植物って楽しみも倍増しますよね。そんなベリーの中でも、庭やプランターでも育てやすく、ジャムなどに使いやすいラズベリーやブラックベリーの育て方、使い方などをご紹介します。
【春の花ガーデニング大特集】育てやすい花はコレ!30選ピックアップ

【春の花ガーデニング大特集】育てやすい花はコレ!30選ピックアップ

春はガーデニング愛好者にとって待ちに待った季節。春の花といえばパンジーやビオラが定番。寄せ植えや鉢植えなどを庭に置けば、自分だけのお気に入りガーデンが楽しめます。春になると花苗の種類が豊富になるので、今回は植えっぱなしでもOKで育てやすい多年草の花を30種類紹介します!
寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えを作った後のお手入れ、どうしていますか?花がたくさん咲いている見頃を過ぎて、1種類、また1種類と枯れる植物が出てくると必要なのが植え替えです。そのまま残しておきたい葉物などは残し、部分的に植え替える必要も。寄せ植えを長持ちさせるメンテナンスと植え替え方法をご紹介します。
【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

冬が近づき気温が下がってくる11月。そして一年で最も日が短くなる12月。晩秋まで咲いてくれていた花も終わり、ちょっと庭も寂しくなってくる季節です。本格的な寒さがやってくる前にやっておきたい庭仕事や、冬越しの準備、室内で育てる植物の管理などをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

kikurin kikurin