2017年9月5日 更新

観葉植物で部屋をリゾートに!センス良い見せ方や選び方は?

夏になると恋しくなるのが、リゾート風のインテリア。部屋全体を模様替えするのも素敵ですが、それはちょっと大変ですよね。そんなときにおすすめなのが、観葉植物でリゾート風にしてしまうこと。1年中リゾート気分で過ごしたい!というときにもぜひ取り入れてみてください。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪
インテリアに取り入れるとたちまち部屋が癒しの空間に変わる観葉植物。殺風景な部屋もグリーンを置くことでリラックスできる場所に変わります。観葉植物は、部屋をリゾート風にしたいという時にも役立つアイテム。
夏らしく海辺風に、あるいはアジアンテイストや高級リゾート風に。選び方や置き方のポイントを押さえて、さっそく取り入れてみませんか?

置き場所に合わせた観葉植物の選び方を知っておこう

 (6220)

インテリアのイメージを作ってみよう

まず、観葉植物を置いた時のインテリアのイメージを作ってみましょう。リゾート風とひとことで言っても、高級リゾートホテル、ハワイアン、バリ風などさまざまなテイストがありますよね。どんなリゾート空間をイメージしたインテリアにしたいのか、雑誌の写真などを参考にしてみるとよいでしょう。
イメージが決まったら、どんな観葉植物を置きたいのか考えてみます。観葉植物は葉の形や樹形だけでなく、植えてある鉢によってもイメージは大きく変わるもの。また、本来はまっすぐな幹を敢えて曲げて育てることで雰囲気が変わって見えるものもあります。くねくねと曲がった幹が魅力的な観葉植物も売られているので、実際に店舗で見てイメージに合うものを探してみるといいですね。

置き場所を決める

観葉植物を選ぶ前に、まず置き場所を考えましょう。リビング、あるいは寝室、キッチン、玄関?観葉植物を置きたい場所によって選び方も変わってきます。
例えば、リビングに置きたいのであれば温度や日当たりはそれほど神経質にならなくても大丈夫かもしれません。一方、玄関の棚の上などに置くのだったら、耐寒性・耐陰性が強いものが向いています。
背の高い棚に置いたり、天井から下げて楽しみたいという場合は、垂れ下がって育つポトスやグレープアイビーなどが最適。湿度の高い浴室などに置きたい場合は気温の変化や高い湿度にも強いシダ類やアイビーなどがおすすめです。

観葉植物を置く場所の日当たりは?

 (6221)

インテリアとして取り入れることのできる観葉植物を室内で育てる時に一番に考えたいのが日当たりです。植物によって日光を好むものや比較的耐陰性が強いものなどがありますが、植物ですから当然、日の当たらない真っ暗な部屋では育ちません。
ほとんどの観葉植物にとって好ましいのは、明るい窓辺。直射日光が苦手な植物もあるので、その場合はレースのカーテンなどで遮光すれば大丈夫です。
一方、マンションの玄関やトイレなど、窓のない空間で育てるのはちょっと難しいと考えましょう。どうしてもそのような場所に観葉植物を置く場合は、週に4~5日程度は、昼間明るい窓辺に置いてあげてください。その点に注意すれば、あまり日の当たらない場所に置いておくことも可能です。

スペースに合わせて大きさを決める

部屋の広さやスペースに合わせて観葉植物を選びましょう。
小さな部屋に大型の観葉植物を置くと圧迫感がありますし、反対に広々としたリビングに小さな観葉植物を床置きというのは寂し気に見えてしまいます。玄関など人が通る場所には邪魔にならない大きさのものを、広いリビングだったら大型の観葉植物を置いて全体のバランスをとりましょう。
リゾート風に見せるには、小さなものをいくつも置くよりも大型の観葉植物を数を絞って置くほうが効果的。床に置くのか、台の上に置くのかによっても選ぶサイズは変わります。小さめの観葉植物は、台に乗せて高さを調節するという方法もあるので、工夫してみてください。
気をつけたいのが、大型の観葉植物を購入する場合。広いお店の中ではそれほど大きく見えなかったのに、家に届いてみたらちょっと大きすぎた…なんてこともあります。観葉植物が天井にぶつかってしまったなどということがないように、購入の際は必ず、植物が成長することも考えて余裕のある大きさを選びましょう。あらかじめ、部屋の床から天井までの高さを測っておくといいですね。

リゾート風インテリアにおすすめの観葉植物

 (6222)

アレカヤシ

51 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

空気をきれいにしてリラックス!部屋に置きたいエコプラント10選

空気をきれいにしてリラックス!部屋に置きたいエコプラント10選

室内に植物があると空間が生き生きとしてきますよね。室内に観葉植物を置くなら空気をきれいにしてくれるエコプラントを選んでみては?癒し効果だけでなく空気清浄効果もある、ありがたい植物をご紹介します。
どうしても枯れちゃう冬の観葉植物…今年こそ枯れないポイントをチェックしよう

どうしても枯れちゃう冬の観葉植物…今年こそ枯れないポイントをチェックしよう

冬の観葉植物って管理が難しいですよね。葉っぱが落ちてしまったり、枯れてしまったり。思うように手入れできない人も少なくありません。冬に強く、育てやすい観葉植物ってないの?防寒グッズってあるの?悩めるガーデナーへ、冬の観葉植物の管理方法を紹介します。
【観葉植物・多肉植物・冬の鉢花】上手な冬越しのための管理方法

【観葉植物・多肉植物・冬の鉢花】上手な冬越しのための管理方法

熱帯で育つものが多い観葉植物。春夏は成長期に当たりますが、気温が下がってくる秋から冬にかけては休眠期。夏と同じ手入れ方法をしていると枯れてしまうということも。冬の間の管理方法や植物を室内に移す時期、さらに、ポインセチア、シクラメンなど冬の室内を彩る花のお手入れなどもご紹介します。
ベランダやガーデンでちょっと優雅に。グランピング気分を楽しもう!

ベランダやガーデンでちょっと優雅に。グランピング気分を楽しもう!

ちょっと優雅に過ごすアウトドアスタイルがグランピング。本来は贅沢に過ごすキャンプを指していますが、家のベランダやガーデンでもこのエッセンスを取り入れてみてはいかがでしょうか。居心地の良いアウトドアリビングの作り方や、ベランダやガーデンでのグランピングスタイルに取り入れたいアイテムなどをご紹介します。
雑貨と植物のコーディネートを楽しもう!

雑貨と植物のコーディネートを楽しもう!

植物を植えるのは鉢だけではありません。かごや缶など、土が入るものなら何でもOK。いろいろな雑貨とのコーディネートを楽しみながら、センスよく見せるコツなどをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S