2018年6月5日 更新

雑貨と植物のコーディネートを楽しもう!

植物を植えるのは鉢だけではありません。かごや缶など、土が入るものなら何でもOK。いろいろな雑貨とのコーディネートを楽しみながら、センスよく見せるコツなどをご紹介します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

雑貨を鉢に使ってみましょう

 (11337)

鉢植えを置くときにまず考えるのは、植物の置き場所と、どんな植物をどんな鉢に植えようかということではないでしょうか。店頭だけでなく、インターネットで検索するとおしゃれな鉢がたくさんありますよね。テラコッタの鉢だけでも、さまざまな色・形・サイズがあるので目移りしてしまうことと思います。

どんなものでも鉢になる?

確かに、植木鉢は通気性やサイズなどが植物の生育に適していますが、植物を植えられるのは植木鉢だけではありません。土が入り水に強くて排水性を保てれば、なんでも鉢にできるのです。

穴をあけられない器だったら、鉢カバーにしてしまうこともできます。水やりのたびにたまった水は捨てるのでひと手間かかりますが、おしゃれな器でそろえると、ただの植木鉢に植えるよりも雰囲気アップ。

例えば、ホーロー(琺瑯)の器。ホーローは鉄などの金属にガラス質の釉薬を焼き付けたものですが、強度がありさびなどにも強いため、鉢カバーにも使えます。ホーローのジョウロや鍋、水差しなど、なんだって大丈夫。
その他にも、穴を開けたブリキ缶や木の箱、かごなど、どんなものでも鉢になります。ぜひ、気に入った器を使ってみましょう。

鉢にする雑貨を選ぶポイントは?

ポイントは、器と植物の相性を考えること。

通気性があまりよくない器の場合は、湿り気のある土を好むミントなどの植物やアイビーなど丈夫な葉物が向いています。反対に、かごなど通気性がよい器にぴったりなのは、乾燥に強い植物。
器の色や形、雰囲気なども意識して、自分だけのオリジナルの一鉢をコーディネートしてみてください。

ナチュラルさが魅力!木の箱に植える

 (11338)

樽の形をしたものなど木製の植木鉢、よく見かけます。オリーブのような大型の植物を植えても素敵だし、ベランダに置くとどことなくセンスの良いカフェのように雰囲気になるので、取り入れてみたいアイテムですよね。

木製の植木鉢だけでなく、木製のボックスにグラウンドカバー的なグリーンを植えたり、ナチュラルな花を植えたりするのもおしゃれです。

水抜け穴がないものだったら、小さめの鉢に植えた植物をボックス内に並べてコーディネートしても良し。底がすのこ状になっている箱だったら、ヤシガラシートなどを敷いて土がもれないようにしてから植え付ければ大丈夫です。

水が抜けやすいように、レンガなどを置いて地面との間に少しスペースを取りましょう。ディスプレイ用のチェアなどがあれば、その上に置いてもいいですね。

木の鉢のメリットとデメリット

木製の植木鉢のよい点は、素焼きや陶器の鉢に比べると軽くて扱いやすいことではないでしょうか。カジュアル感が増すのも魅力ですよね。
デメリットは、数年使っていると、だんだん劣化して木が腐ってくること。防腐処理済みでも、毎日水やりをしていれば、ある程度の劣化は防げません。数年たったら植え替えすることを前提として植えましょう。

男前にもカジュアルにも。ブリキの器

 (11340)

カジュアルでこなれた雰囲気を出せるのがブリキの器。ブリキのジョウロやバケツなども鉢カバーにすることができます。
ちょっと錆びてきた風合いもアンティークっぽくて味がありますよね。底が抜けたバケツなんて最適です。ブルックリンスタイルの男前インテリアや、ナチュラルな庭にもよく似合います。

無塗装のブリキはさびやすいので、ちょっと注意も必要です。ベランダやテラスに置くときは、錆がベランダの床につくと着色してしまうことも。下にテラコッタタイルなどを置いて、直接色がつかないように一工夫するとよいでしょう。
43 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えを作った後のお手入れ、どうしていますか?花がたくさん咲いている見頃を過ぎて、1種類、また1種類と枯れる植物が出てくると必要なのが植え替えです。そのまま残しておきたい葉物などは残し、部分的に植え替える必要も。寄せ植えを長持ちさせるメンテナンスと植え替え方法をご紹介します。
五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

五感で楽しむガーデニング~香りを楽しむ植物を植えてみよう

キンモクセイの花の香りが漂ってくると秋が来たのだと感じます。他にも、花や葉から心地よい香りがする植物は多いもの。色や姿だけでなく、花の香りに癒されるガーデニングも素敵ですよね。よい香りを楽しめる植物をご紹介します。
秋になったら楽しみたい和の植物。どんなものがある?

秋になったら楽しみたい和の植物。どんなものがある?

春・夏は華やかな花に目が奪われますが、秋は和の雰囲気も味わいたいということ、ありませんか?和の花は、お月見などの行事や紅葉にもぴったり。庭植えだけでなく、ミニ盆栽や和の寄せ植えでも楽しみたい和の植物をご紹介します。
空気をきれいにしてリラックス!部屋に置きたいエコプラント10選

空気をきれいにしてリラックス!部屋に置きたいエコプラント10選

室内に植物があると空間が生き生きとしてきますよね。室内に観葉植物を置くなら空気をきれいにしてくれるエコプラントを選んでみては?癒し効果だけでなく空気清浄効果もある、ありがたい植物をご紹介します。
狭いスペースだからこそできる!植物で家を美しく演出するコツ

狭いスペースだからこそできる!植物で家を美しく演出するコツ

玄関周りや建物と道路の間のちょっとしたスペース、アプローチ沿いなど、狭いスペースこそおしゃれに見える演出をしやすいもの。そんなスペースに緑を取り入れる際のポイントや、スペースに合わせた植栽のコツなどを押さえておきましょう。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S