2018年9月21日 更新

【ガーデニングダイアリー】10月の庭仕事

春と秋は二大ガーデニングシーズン!気候が良く湿度も低くなってくる10月は、秋のガーデニングに最適です。この時期を逃さず、植物の植え替えや種まき、球根の植え付け、剪定などのお手入れをしましょう。寒さに弱い植物はそろそろ冬越し準備も始めます。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪
バラ 花 ピンクのバラ · Pixabayの無料写真 (11882)

10月中旬頃になると、秋に咲くバラのシーズンが始まります。
花がら摘みや、病害虫予防の薬剤散布などの作業を行いましょう。花が咲いていると肥料を与えたくなりますが、ブッシュローズ、つるバラともに、10月以降は肥料を与えません。

ハーブ

 (12111)

株分け・植え替え

春から初夏にかけて花が咲くハーブの植え替え時です。大きく育ったハーブの株分けも行いましょう。
鉢植えでは土の量も限られているため、鉢の中が根でいっぱいになってしまい生育が悪くなることもあります。鉢植えのハーブが根詰まりしているようだったら、一回り大きな鉢に植え替えます。

植え替えや株分けの際は、あらかじめ枯れあがった枝や古い枝を切り取り、株元の新しい芽を残して整理しておきます。鉢から抜いたら少し根をほぐし、回りすぎた根や古くて黒い根などをカット。細根が出ている太い根は残します。新しい培養土を入れた鉢に植え付け、たっぷりと水をあげ、1週間ほど日陰で管理しましょう。

挿し木

ローズマリーやラベンダーは、何年か毎に挿し木で株を更新しましょう。
挿し木は、寒さに弱いハーブの冬越しにも便利です。剪定のついでに挿し穂を作るのがおすすめです。
肥料分のない赤玉土など、挿し木用の用土を使用し、発根までは動かしません。新しい芽が動いてきたら発根の合図。鉢上げして肥料を与えます。

寒さに弱いハーブ

寒さに弱いレモングラスなどのハーブは、室内へ移動する準備をします。地植えの場合は掘り上げ、地上部は短く切り、コンパクトにまとめて深さのある鉢に移しましょう。株が大きく育ちすぎていたら、ついでに株分けを行います。

観葉植物

 (12112)

寒さに弱い観葉植物の管理

多くの観葉植物は夏が生育期。そのため、秋になって気温が下がってくると生育が鈍り、やがて冬の休眠期に入ります。
生育旺盛な時期に比べて蒸散も減るため、鉢土が乾きにくくなります。夏と同じように水やりをしていると過湿状態になってしまうため、徐々に水やりの回数を減らしていきましょう。
土の状態をよく見て水やりのタイミングを決めてください。

アロカシアやサンセベリア、モンステラ、スパティフィラムなど、特に寒さが苦手な観葉植物は、10月には室内に取り込みます。
屋外と室内では光量が違うので、徐々に日陰に移して弱い光に慣らしておきます。室内で植物を置いておける日当たりの良い場所がないという場合は、空気がゆるやかに動く明るい場所に置きましょう。

芝生のお手入れ

63 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】11月・12月の庭仕事

冬が近づき気温が下がってくる11月。そして一年で最も日が短くなる12月。晩秋まで咲いてくれていた花も終わり、ちょっと庭も寂しくなってくる季節です。本格的な寒さがやってくる前にやっておきたい庭仕事や、冬越しの準備、室内で育てる植物の管理などをご紹介します。
庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りに欠かせない宿根草とは?育て方のコツを知っておこう

庭作りで人気の宿根草。一度植えると毎年花を咲かせてくれる姿は嬉しいものです。宿根草にはさまざまな種類がありますが、基本的な育て方にはある程度共通点があります。宿根草の育て方のコツを知っておきましょう。
【ガーデニングダイアリー】9月の庭仕事

【ガーデニングダイアリー】9月の庭仕事

まだまだ暑さの残る9月。ガーデニングでは、そろそろ秋~冬にかけて楽しむ植物の準備が始まります。夏花壇の片づけや秋の草花の準備、種まき、用害虫の予防、植え替えなどやることはたくさん!この時期にやっておきたい庭仕事などをご紹介します。
シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

シェードガーデンを楽しもう!条件別ポイントとおすすめ植物は?

植物を育てるなら日当たりの良い庭が理想!でも、現実はなかなかそうもいきませんよね。そこで、シェードガーデンならではの楽しみ方や、条件別・日陰や半日陰の庭におすすめの植物などをご紹介します。それぞれの庭に合った楽しみを見つけましょう。
寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えのお手入れ方法~植物の植え替えとメンテナンス

寄せ植えを作った後のお手入れ、どうしていますか?花がたくさん咲いている見頃を過ぎて、1種類、また1種類と枯れる植物が出てくると必要なのが植え替えです。そのまま残しておきたい葉物などは残し、部分的に植え替える必要も。寄せ植えを長持ちさせるメンテナンスと植え替え方法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

Kaoru.S Kaoru.S