2017年10月29日 更新

スコットランドでガーデンを楽しもう! ~フロアーズ・カースル~

スコットランド南東部、ボーダーズエリアに位置するフロアーズ・カースルは、ロックスバラ公爵の邸宅として知られています。 非常に優雅で美しいカントリーハウスを持ち、広大な敷地を誇るフロアーズ・カースルには、大きさでも、そして華やかさでも群を抜いたガーデンが存在します。 今回はスコットランドとイギリスとの国境に近い場所にある、美しく色鮮やかなフロアーズ・カースルのガーデンのレポートをお届けします!

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

ロックスバラ ~ スコットランド・ボーダーズ ~

 (7369)

スコットランドで最大の大きさを誇る邸宅と呼ばれているフロアーズ・カースル。持ち主は現在で10代目となるカー公爵家となります。

場所はスコットランド・ボーダーズにあり、その名の通りボーダーズとはイギリスとスコットランドの国境に隣接するすべての郡を指しています。

またフロアーズ・カースルが位置するロックスバラシャーは歴史的に、イングランドとの紛争に度々襲われており、このエリアでは多くの城、修道院、そして街の遺跡が見る事の出来る地域。

このボーダーズ・エリアには以前4つの地区に分かれており、そのうちのひとつがロックスバラでした。

ロックスバラは15世紀に滅びた街、ロイヤル・バラにちなんでその名がつけられています。
 (7372)

フロアーズ・カースルはケルソーという街の西、ボーダーズ・エリアに流れるツイード川のほとりにあるのですが、まずエントランスから内部に入って驚く事は、その面積の大きさです。

入り口のすぐそばにチケットオフィスがあり、ここで料金を支払いますが、そこから邸宅までが遠い事! どこまで行けばいいの? と驚くほど離れた場所に到着してようやく、豪奢で華麗な邸宅が見えて来ます。

 (7432)

この巨大な邸宅を見ると、フロアーズ・カースルがスコットランドで最大の城と呼ばれているのも納得です。

目指すガーデンは邸宅を通り超し、美しい森を抜けたさらにその奥にあり、邸宅からの距離もかなりのもの。

フロアーズ・カースルは、カントリーハウスの素晴らしさやガーデンの美しさを目にするよりも先に、その広大な敷地に圧倒されてしまう場所でした。

フロアーズ・カースルの持ち主、カー家の歴史 ~ ロックスバラ1代目伯爵、ロバート・カー ~

 (7435)

フロアーズ・カースルはロックスバラ公爵、伯爵の位を持つカー家の邸宅ですが、その家の歴史は古く、彼らは12世紀ごろからロックスバラシャーに土地を持っていました。

カー家の祖先は定かではないのですが、ノルマン人であった可能性が高いと言われています。
 (7375)

16世紀から17世紀にかけて、スコットランドはイングランドとの闘い、またはスコットランド人同士の争いで、特にこのボーダーズエリアは常に戦闘の渦中にありました。

この期間中、カー家は、セスフォード城に拠点を置いて、国境に沿って土地の保有とその影響力を拡大していきます。
 (7433)

カー家は常に政治力に優れていたた家系のようで、最初に伯爵の位を得たロバート・カーはスコットランド王ジェームズ6世(のちにイングランド王ジェームズ1世)の寵臣となりました。

ジェームズ6世にとても気に入られていたロバート・カーは、エリザベス1世が亡くなった1603年、彼がイングランド王になる際にはロンドンへ同行しています。

1616年、それまでの功績を評価されたロバート・カーは、ジェームズ6世より伯爵の位を授かり、ロックスバラ1代目伯爵となりました。
81 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

Hazuki Akiyoshi Hazuki Akiyoshi