2017年7月24日 更新

自宅でフレッシュなフルーツを味わおう!初夏にぴったりな簡単リキュールレシピ付き

花やグリーンだけでなく、フルーツを自宅で育ててみませんか? 新鮮、取れたてのフルーツの味はきっとまた特別! 自宅で出来るフルーツについて、そして簡単に出来るリキュールレシピをご紹介します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪
pixabay (2987)

初夏の日差しをいっぱいに浴びて、すくすくと育ち、可愛い実を付けたフルーツたち。
新鮮、摘みたてをそのままパクリ!と食べるのも美味しいですし、ヨーグルトやミューズリーと一緒に食べたり、煮込んでジャムにしたり、リキュールとして漬け込んだり。

育てるのも楽しく、味わう方法もたくさん、また庭の素敵なアクセントになってくれるフルーツ。もちろん広い庭がなくても、コンテナでチャレンジする事も可能です。

花やグリーンだけでなく、ガーデンを一層美しく彩ってくれるフルーツ栽培、早速自宅で初めてみませんか?

フルーツを育てる条件

pixabay (2990)

フルーツを育ててみたいけれど、花に比べてなんだか難しそう、というイメージを持っている方もいるかもしれません。

実を付けるフルーツは、環境や条件などのハードルが高いと思われがちですが、もちろん自宅でだって栽培は可能です。まず、そのフルーツの好む特性を購入前にしっかりと調べましょう。

主にフルーツは日当たり、風通しが良く、水はけの良い場所を好みます。庭に地植えする場合には日光の当たり方をよく観察し、適切な場所を選んであげて下さいね。

なお、半日蔭など、一日中日光が当たらない場所でも育つフルーツもありますが、日当たりの良い場所で育てたフルーツに比べると、収穫量が少なく、味が薄くなる場合もありますので注意して下さい。

フルーツは、庭のどこに植えれば良いの?

 (4523)

その姿かたち、咲く花も可愛いフルーツを、ガーデンの素敵なアクセントとして活躍してもらうには、庭のどこへ植えれば良いのでしょうか。

もし庭に地植えする場合でしたら日当たりの良い場所、水はけの良いところ、風通しの良い場所になりますが、ベリー類など、成長が盛んで生い茂るもののおすすめの場所は、日当たりの良いフェンス、あるいは垣根のそばになります。

このフェンスにワイヤー、もしくはトレリスや支柱などを用意し、それに沿うように這わせると、見た目も美しく整います。
また葡萄などの蔓型のフルーツは、パーゴラなどに這わせ、吊るすかたちにするとゴージャスかつ爽やかな雰囲気で、収穫もしやすいでしょう。

フルーツは、ベランダや鉢植えでも育てられる?

pixabay (2996)

野菜やフルーツなど、食用の植物を育てるには畑や果樹園といった、広い庭を真っ先に想像するのではないでしょうか。

我が家はマンション住まいで庭がないし、と言う方や、果物の木を庭に植えるスペースがない、という方でも、ポットで育てられる事の出来るフルーツがたくさんありますので、是非チャレンジしてみて下さい。

逆に、非常に大きく成長し過ぎるのを管理出来たり、ラズベリーのように根がぐんぐんと伸び、他の植物を侵食してしまうほど生命力の強い品種のフルーツでは植木鉢で育てる方が簡単、というケースもあります。

また、苺はハンギングバスケットで育てると、ナメクジなどの害虫除けにもなりますよ。さらに植木鉢は動かしやすく、日当たりの良い場所へ移動させるのも簡単なところが嬉しいですね。

植木鉢で育てる際に気を付けて欲しい点は、フルーツが好む土の成分をしっかりと調べ、用意してあげる事、そして必要な際の水やりを欠かさない事。

また、ベランダでフルーツを育てる方は、日光の当たり方、風の入り方を確認して下さい。
陽が全く差さないベランダや、風があまりにも強い場所ではフルーツを育てるには不向きですので、事前にしっかりチェックして下さいね。

鉢植えで育てられるフルーツ

林檎

pixabay (3000)

春にはピンクと白が混じり合った可愛らしい花が咲き、そしてぷっくりと丸い、赤く染まった実が成るりんご。
収穫した果実はジューシーなものはそのままで、ちょっぴり酸っぱい果実の時はジャムにしたり、ケーキに使ったりと楽しめます。

日の当たる場所に置き、水は土が乾いたり、夏の暑い日にはたっぷりと与えましょう。冬から早春にかけ、根詰まりを防ぐために2年に一度は植え替える事。
この時根詰まりしていないか確認し、必要であれば大きめの鉢に植え替えましょう。
52 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

Hazuki Akiyoshi Hazuki Akiyoshi