2017年7月11日 更新

水耕栽培で、ハーブに挑戦 (レモンバーム)

今まで、ベランダでのガーデニングをやってきましたが、今回は、キッチンなどでも育てられるというハーブ類の栽培に挑戦しました。「トマト」や「きゅうり」などの「実もの」よりは簡単ではないかと・・・。ところが、ところが、いざ始めてみると…。今回はその中のひとつ「レモンバーム」について紹介します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

水耕栽培ベースで、レモンバームを試してみました

ちょっと、お試し! 

ちょっと、お試し! 

スーパーで買った食用の「レモンバーム」を水に浸してみました(発根するかは???)
via (画像:オリジナル)
今回は、水耕栽培ベースで、ハーブの代表的なものの一つである「レモンバーム」に挑戦しました。ここ、数年間、私はベランダや室内でできる「水耕栽培」で野菜などを中心に育ててきました。その実績を、この「ハーブ」でも応用できないかと、最近始めた、いわゆる「新プロジェクト」です。

芽だし、根だし作業

ハーブ種まき(ロックウールブロックとプラスチックケース...

ハーブ種まき(ロックウールブロックとプラスチックケースを使用)

8種類のハーブを2つの箱(環境)で試してみた(5/11)。
via (画像:オリジナル)
5/11。どれがどれか分からなくなるのを防ぐための記録写真。8種類をそれぞれ緑と黄色の蓋つきプラスチックケースとロックウールブロック(写真下参照)を使って発芽、発根を促進する環境を設定してみました。

そもそも、「ハーブ」とは何を指すのでしょうか? あまり詳しく調べず、まずは種袋に「ハーブ」とあるものを買い集め、いつもの方法(※方法の詳細は、下記参照)で、発芽、発根させてみました。緑の箱は、クローゼットの中(暗所)で、黄色の箱は、上にカバーをかけた状態(半日陰)にしました。
ロックウールブロック

ロックウールブロック

これがロックウールブロックです。3x3x3のサイズは60ピースがワンセットで販売されています。
via (画像:オリジナル)
※いつもの方法(発芽、発根)…大和プラスチック(株)製のロックウールブロックという種まき、挿し木用の立方体の素材(高炉スラグと数種の岩石を高温で焼き、綿状にしたもので、3X3X3cmの一番小さいサイズのものを使用)に種を蒔きます。一区画がこの大きさに近い蓋つきのプラスチックケース(100円ショップで購入)に入れ、水をひたひたに入れます。そして、クローゼットなどの真っ暗なところに置くと、種袋のパッケージにある「発芽日数」で、ほとんどのものは、発芽します。

「ハーブ」の基本情報

(画像:オリジナル) (3527)

5/23 発芽した「レモンバーム」(種まき 5/11)
via (画像:オリジナル)
今まで「水耕栽培」を中心にやってきた野菜達は、たとえ、その種の原産が日本でなくても、最終的には「日本」の畑で栽培されることにより、最大限の能力を発揮するようにつくられたものでした。その証拠に、この水耕栽培で、手がけた品種は20を超えていますが、「これは、明らかに失敗」というのは、「ほうれん草」だけです(それは、また別の回で紹介します)。

しかし今回挑戦している一連の「ハーブ」達は、どうもちょっと趣が違うようです。具体的に言うと、もともと、「ハーブ」の文化は、ヨーロッパ主体のものです。一部、東アジアを含む日本の「シソ」類などもありますが、それ以外のものが多数派を占めます。つまり、その土地土地の気候にあった育て方をすることが大切になります。
そこで、原産地を大きく区分けすると

1.東アジア、日本
2.東南アジア、中米
3.地中海沿岸
4.ヨーロッパ中緯度

に分類できます。
今回取り上げている「レモンバーム」の原産地は、南ヨーロッパなどを含む、3.地中海沿岸に属します。この地方の気候は、偏西風の影響で、夏は涼しく、冬は温暖です。また外国から輸入されたような日本の穀物類も一部そうですが、土壌が酸性だと育ちにくい特徴があるようです。

冬場に越冬が必要なこと、土壌を酸性にしないこと、夏の蒸し暑さで高温多湿を避けることなどがコツになると思われます。

レモンバームの基本事項

(画像:オリジナル) (3915)

発芽したものをミニコンテナ風のケースに収めたもの(6/11)
via (画像:オリジナル)
<特徴>
その名の通り、レモンに似た香りのハーブで、ハーブティーとして楽しむのには最高の品種と言われています。属名の「メリッサ」はギリシャ語で蜂を意味し、蜜源植物(蜂が好んで集め、はちみつの原料になる)としても知られています。「バーム」とは「バルサム」(薫香(くんこう:精油成分を含む樹脂を焚き、かおりを楽しむ(あるいは薬として利用する)こと))を縮めたものです。
35 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

榊 春樹 榊 春樹