2018年12月30日 更新

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

ポールスデン・レイシーとは

 (13278)

英国内で数多くの庭園がナショナル・トラストの管理下にありますが、その中でもとても高い人気を誇るのが、このポールスデン・レイシーです。

サリー州ドーキングの近く、グレート・ブッカムにあるエドワード朝様式の邸宅と広大な敷地の人気の理由は、ロンドンから列車で1時間もかからないという好立地条件もあるのかもしれません。

この場所に訪れてまず驚くのは、その広大な敷地です。なんと1,400エーカー(約567万㎡、東京ドーム121個分)もあるこの敷地はどこが終わりなのか分からないほど広く、入り口から邸宅までもかなりの距離があります。

邸宅の前にも大きな敷地が広がり、どこまでも続くゆるやかなアップダウンを描いた、いかにもイギリスらしいカントリーサイドの美しい風景を楽しめます。

ポールスデン・レイシーの歴史

 (13280)

ポールスデン・レイシーは1336年にこの場所に最初の家が建てられたことから始まります。
その後の持ち主として記録として残っているのが、アンソニー・ルースです。彼が1630年にこの土地を購入し、中世の家が1631年に再建されました。

のちの1723年、経済学者であり、政治家であったアーサー・ムーアがこの地を買い取り、1735年から1748年の間に家を拡張しています。このムーアの時代に、敷地を見下ろすロング・ウォークとテラスが建設されたと言われています。

劇作家であり政治家でもあったリチャード・ブリンズリー・シェリダンが1804年にこの地の新たなオーナーとなりました。

1818年にはジョセフ・ボンサーがこの土地を購入し、その時代の優れた建築家であったトーマス・キュービットの設計により邸宅を再建しています。ボンサーの時代にたくさんの木々が植栽され、庭園、土地が修復されています。
 (13282)

1853年にボンサーからポールスデン・レイシーを購入したのはサー・ウォルター・ロッククリフ・ファークワーでした。

彼はトーマス・キュービットが造り上げた構造は大部分を残しつつ、1853年から1870年の間にかけて、家を拡張しています。

そして1902年にポールスデン・レイシーは、ビジネスマン、公務員であったサー・クリントン・エドワード・ドーキンズの手に渡ります。

彼は建築家のサー・アンブローズ・マクドナルド・ポインターに建物の修復を依頼しており、その姿は現在でも確認することができます。

しかしドーキンズは完成直後に亡くなり、そして1906年、ロナルド&マーガレット・グレヴィル夫妻がポールスデン・レイシーの最後の持ち主となったのでした。

最後の女主人、マギー(マーガレット)・グレヴィル

 (13290)

このように、ポールスデン・レイシーは何度も持ち主が変わり、100年を超す期間同じオーナーが所持していたことはありませんでした。

また持ち主が変わるたびに屋敷や敷地は修復、改装が施されています。そんな歴史を持つこの邸宅と敷地の最後の女主人となったのは、エドワード朝の上流社会でその名を馳せたマギー(マーガレット)・グレヴィルです。

マギー・グレヴィルの出生は謎が多く、ある種の秘密のヴェールに包まれていました。1863年12月10日に生まれたマギーの母親はヘレン・アンダーソン、そして実の父親はウィリアム・マキューアン。

しかし実際の彼女の出生証明書では、父親の名前はウィリアム・マレー・アンダーソンとなっていたのでした。
 (13318)

彼女の実の父親であるウィリアム・マキューアンは、スコットランドはエディンバラでビール蒸留所のビジネスで大成功した、大金持ちの男性でした。

しかしヘレンがマギーを宿した時、二人は結婚しておらず、マギーは非嫡出子であったと言われています。

母ヘレンの評判、そしてマギーの出生の正当性を得るために、ヘレンはウィリアム・マキューアンの蒸留所で働いていた従業員、ウィリアム・マレー・アンダーソンと結婚することになったのでした。
 (13319)

父親であるマキューアンは、ヘレンとウィリアム・マレー・アンダーソンの二人をロンドンに送り、ヘレンはそこでマギーを出産します。

マギーが産まれたのちの1864年の春、戸籍上では夫婦となった二人はマギーを連れ、エディンバラへと帰ります。マギーの父、ウィリアム・マキューアンとヘレン・アンダーソンは、ウィリアム・マレー・アンダーソンが亡くなった1885年、マギーが21歳のときにようやく正式に夫婦となることができました。
45 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ キフツゲート・コート・ガーデンズ Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ キフツゲート・コート・ガーデンズ Vol.2 ~

一族の女性3代に渡り引き継がれてきた、英国内でも著名な庭園であるキフツゲート・コート・ガーデンズ。美しく洗練された庭と優雅な邸宅は、訪れる人々を惹き付けて止みません。今回はこの魅力あふれるキフツゲート・コート・ガーデンズの庭園の魅力をご紹介します。

この記事を書いたひと

Hazuki Akiyoshi Hazuki Akiyoshi