2017年7月26日 更新

春の訪れを感じよう! スク―ン・パレスでスノードロップ・ウォーキング

寒くて長い冬の終わりを告げてくれる花、スノードロップ。英国各地で行われているスノードロップ・ウォーキングを、スコットランドはパースに位置するスクーン・パレスで楽しみました!

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪
 (5007)

まだまだ寒いスコットランドの3月。それでも蕾を膨らませている植物もちらほら見え、長い冬がようやく終わりを告げようとしています。

冬の終わり、そして春の訪れを告げてくれるのはスノードロップ。木々の根本や森の中で、ひっそりと静寂に咲くこの花を見ると、やっと春がやって来たんだと実感出来るのです。

雪の雫、という名前がぴったりなこの花。今年はこのスノードロップを堪能しようと、スコットランドはパースにあるスク―ン・パレスを訪ねました。

スコットランドの古都、パース

 (4988)

パースはスコットランドの中心部に位置し、エジンバラからは列車で1時間15分~30分ほど。
テイ川沿いにあるパースは、人口は約50,000人弱ほどと言われており、13世紀から15世紀にかけてはスコットランド王国の首都でもありました。

現在でも古くからの建築物が街中で多く見られ、ショップやカフェ、レストランも多く、エジンバラやグラスゴーとはまた違った景色と雰囲気を楽しめるでしょう。

スク―ン・パレスまでの行き方

 (4989)

パースを流れるテイ川はスコットランドの中では一番長い川と言われ、英国の中では7番目に長い川として知られています。

写真に写っている橋はテイ川にかかる1771年に完成したパース・ブリッジ、もしくはSmeaton's bridgeとも呼ばれ、パースの街中からスク―ン・パレスへと続く道にあります。

この橋のふもとは遊歩道になっており、すぐそばに公園もあるのでお散歩コースにはぴったり。パースに滞在した時は是非歩いてみたい場所です。

なお、パース駅からスク―ン・パレスまでは約6キロ。このパース・ブリッジからスク―ン・パレスまでは約3キロ。歩くのに自信が無い方は、街中からバスに乗るか、タクシーを利用されるのをおすすめします。

スク―ン・パレスに到着!

 (4990)

スク―ン・パレスに到着すると、立派な門が目に入ります。入場はしなくても、宮殿の姿だけを拝見、と門から眺めようとしても、まったく視界には入りませんのでご注意を。

ここからスク―ン・パレスの入り口までは約5分ほどかかります。
 (4991)

宮殿の入り口までゆっくりお散歩しながら歩きます。タクシーを利用する場合は、入り口まで送ってくれますが、お天気の良い日にはぜひ門で降りてみて下さい。
羊たちがお出迎えしてくれるでしょう。
 (4992)

ゆっくりと景色を楽しみながら歩いて宮殿の入り口に到着すると、クロッカスとスノードロップの可愛い姿を発見。

ロンドンに比べ気温が3~5度前後低いパースでは、花が咲くのも半月から1ヵ月ほど遅いと言われていますが、この愛らしい姿を見ると、長い冬がようやく終わりを告げたのが分かります。
49 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

Hazuki Akiyoshi Hazuki Akiyoshi