2017年12月1日 更新

スコットランドでガーデンを楽しもう!~ポートモア・ガーデンズ Vol.1~

スコットランドのボーダーズエリアには、おすすめしたいガーデンがたくさんありますが、その中でも今年一番のお気に入りとも言えるガーデンに出会えました。個人の庭とは思えないほど、非常に完成度の高いポートモア・ガーデンズのレポートをお届けします!

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

イギリス、ウェールズのオープンガーデン

 (8333)

日本でも近年では自宅の庭を一般に公開するオープンガーデンが行われていますが、ガーデニング愛好家の多い英国では、オープンガーデンは長い歴史を持っています。

最もよく知られているのは、ナショナル・ガーデン・スキーム(NGS)で、設立は1927年と今年で90年の歴史を誇る慈善事業団体です。

最初の年には609の庭園が一般公開され、1931年には1000を超えるガーデンがオープンし、2017年には3700ほどのガーデンが公開されました。

ナショナル・ガーデン・スキームによるオープンガーデンの情報は、毎年本となって販売され、カバーに黄色い色が使われていることから、イエローブックと呼ばれています。

スコットランドのオープンガーデン

 (8281)

ナショナル・ガーデン・スキームによって公開されているガーデンはイギリス、そしてウェールズになりますが、スコットランドでも同様の、ナショナル・ガーデン・スキームの姉妹慈善団体が存在します。

名称はスコットランズ・ガーデンズ(Scotland's Gardens)。設立はナショナル・ガーデン・スキームより4年遅い1931年となり、エディンバラを拠点とした園芸慈善団体です。

庭を公開した際に得た収入は、60%がスコットランズ・ガーデンズが選んだ4つの慈善団体に寄付され、残りの40%は庭の所有者が選んだ慈善団体に贈られています。

スコットランドのオープンガーデンの情報もやはり本になっていて、こちらはイエローとグリーンのカラーでまとめられています。
 (8282)

イギリス、ウェールズ、そしてスコットランドとともにいずれかの団体に属し、自身の庭をオープンガーデンとして一般公開したい場合には、それぞれのチームが庭を来訪し、オープンガーデンとしての資格があるかどうかをしっかりとジャッジするそうです。

実際にはどのような厳しい?判断があるのか分からないのですが、このオープンガーデンに参加出来るのは、見ごたえのあるガーデンであるという証でもあり、ガーデナーにとっては非常に名誉な事だと言えるでしょう。

今回滞在したポートモア・ガーデンズも、スコットランズ・ガーデンズに登録しているガーデンのひとつとなります。

個人の庭とは思えないほどのスケールとセンス抜群のレイアウト、丁寧に手入れされた植物たち、そして鮮やかな色彩を放つ素晴らしいカラーリングで、今年一番とも言えるガーデン滞在になりました!

ポートモア・ガーデンズ

 (8284)

ポートモア・ガーデンズは一般の地図にも載っている観光地となった他の庭園と違い、個人の庭を決められた日にちだけ公開しているガーデンなので、門の前に『Garden Open』と書かれた小さなサインに最初は気付かず、通り越してしまいました。

門からはかつて門衛小屋と呼ばれていた、ゲートの開け閉めを行う使用人が住んでいた住居であった建物しか見えず、本当にここで良いのか悩んでしまったほど。

ちなみにこの門衛小屋、最近では邸宅の使用人が住むのではなく、賃貸にしたり、この住居だけを販売するケースも多くなっています。
 (8286)

ポートモア・ガーデンズのオープン期間は僅か2か月間。
それも週に1回だけという事もあり、非常に人気の高いガーデンだったようで、入り口でウロウロしている間に他の来場者の方たちも現れ、その後を付いて行きました。

スコットランドのガーデンは、イギリスのガーデンに比べても来場者の数が少なく、いつもあまり人のいない、静かな中で庭園を散策出来るのが大きな魅力なのですが、このポートモア・ガーデンズは今まで行ったスコットランドのガーデンでは、一番来場者が多かったのが印象的でした。
71 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

Hazuki Akiyoshi Hazuki Akiyoshi