2017年8月10日 更新

イングリッシュ・ガーデンを巡る旅~シシングハースト・カースル・ガーデンを訪ねて~ Vol.2

イギリスのみならず、世界各国のガーデニング愛好家が訪れる、シシングハースト・カースル・ガーデン。オープンされた当初からその人気は衰える事はありません。誰しもを魅了するガーデンのレポートをお届けします!

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

シシングハーストの特徴、周囲を取り囲む壁

 (4324)

イギリスの庭、と呼ばれているケント州に位置するシシングハースト・カースル・ガーデンは、ヴィタ・サックヴィル=ウェストと、その夫ハロルド・ニコルソンが30年近い年月をかけ、二人の創造力と情熱で造り上げたガーデンです。

シシングハースト・カースル・ガーデンを訪れると、他のガーデンでは見られない個性的な魅力に満ち溢れているのが分かります。

まず、構造的なデザインにおいては厳格であり、かつ素晴らしい才能を持っていたハロルドによる、壁と垣根による『ROOM』と呼ばれているエリアを分けたことがひとつ。

シシングハースト・カースル・ガーデンは全体ではとても大きな敷地ですが、これを壁と垣根を使って、ひとつずつを細かく分けているのが、上から見ると分かります。
 (4325)

この壁はもともとの建物に付随していたものではなく、ハロルドが手に入れられる事の出来た壁を使い、また垣根を用いて、シシングハーストの庭をテーマ毎に分けています。

ちなみにこの壁や垣根の構造は水平にはなっておらず、少し歪んだ長方形のかたちをしています。
ヴィタはトップコートヤードについて『お墓のかたちをしている』と書き残しています。

次々に壁を庭に設置したハロルドでしたが、最後に造られたローズガーデンの壁を最初、ヴィタは嫌っていたそうです。

この壁の事を、高過ぎる、尖り過ぎている、シシングハーストには形式ばっている、と書き残していますが、やがてヴィタはつる性のバラや植物を這わせてこの壁を美しく覆い、それがシシングハーストの個性とエレガントさの調和を生み出すようになりました。
 (4326)

ヴィタはガーデンに訪れた人々が、壁を覆った花を見て、感嘆しながらもこのような壁がある庭は他にないと嘆くのを聞くと、どんなに小さい庭であっても、全ての庭には必ず壁がある、何故なら庭には必ず家があり、どんな庭でもその家の4面の壁があるのだから、と言っています。

確かにシシングハーストのような、他に例を見ない壁を庭に造るのは不可能ですが、家の壁を使ったり、あるいは塀を使えば、ヴィタの壁に対して行った植栽法にもチャレンジ出来るような気がしてきます。

また、ヴィタはつる性の植物は植える場所もあまりとらず、隠したい納屋や塀や木なども美しく彩ってくれる素敵な性質を持っていると良い、つる性の植物の素晴らしさを褒めたたえていました。

シシングハーストに訪れた人は今もなお、ヴィタが愛したバラやクレマチスといった壁を覆う花々を見て、その美しさに魅了され続けています。

パープルボーダー

 (4327)

シシングハーストには幾つものテーマが異なる、それぞれが突出した魅力にあふれたガーデンがありますが、グラデーションカラーを見事に使いこなしたものが、パープルボーダーになります。

1933年にトップコートヤードの北側の壁が出来上がった時、ヴィタは紫を中心とした花を用いて、このパープルボーダーを造り出しました。

著名な文筆家、園芸家であるガートルード・ジェキルは、庭に植える花の中でも、紫色は非常に難しい色で、使い過ぎるのは避けた方が良いと書き残していますが、ヴィタは果敢にもその紫をメインカラーとしたボーダーにチャレンジしています。
 (4328)

ヴィタ曰く、このパープルボーダーは、紫というよりも実は青がテーマになっていると書き残しています。

ここに植えられた花の色は単色ではなく、紫に近い青、紫に近い赤、薄い紫や濃い紫など、カラースキームとグラデーション効果を使い、非常に見事なバランスを生み出しています。

ヴィタの残した美しいカラーの使い方は、庭造りの色彩に迷った時はきっとお手本となるに違いありません。

コテッジガーデン

 (4295)

1934~35年に造られたのが、コテッジガーデンになります。ここではその頃のガーデナーは敬遠する方向にあった、鮮やかな黄色やオレンジ、緋色や深い赤などを使い、陽の光を浴び輝くようなコテッジガーデンを造り上げています。

イメージはハロルドが以前滞在したメキシコで見た、夕焼けのような色をしたガーデン。ここにハロルドはまた垣根を用いて、色鮮やかな植物が映えるように、庭を区分けしています。
41 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

Hazuki Akiyoshi Hazuki Akiyoshi