2017年3月22日 更新

桜の鉢植え(旭山)に挑戦! 

春の花といえば、何といっても桜。でも、一般の桜の木は、大木となるので、広い庭がないと、なかなかガーデニングという訳にはいきません。そんな中、桜には小ぶり(鉢植え)でも見事に沢山の花をつける栽培品種がいくつかあります。今回はその代表的なものの一つ、「旭山」に挑戦してみました。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

桜の鉢植え。まずは育て方から…

<旭山の花>

<旭山の花>

樹木などの植物の中には、いわゆる「わい化」と呼ばれる「あまり大きくならなくても、花を沢山着ける」ものがあります。今回、挑戦したのは、その桜の「わい化」品種の中でも、昔からあり、メジャーな栽培品種「旭山」です。園芸店や通販でも、比較的安価な鉢植え用のものや、何年もかけて育てたと思われる、やや高価な盆栽じたてのものまで、多数ありますので、まずは、チェックしてみてください。
<鉢植え用の旭山(購入時)>

<鉢植え用の旭山(購入時)>

写真は、私の購入した株です。大船のフラワーセンターで購入しました。台木に「旭山」が継がれている「接ぎ木苗」であることが分かります。高さ40cm位で、枝の先に花芽が付いているのも見えます。「旭山」は、一般に、サトザクラといわれる大島桜系の栽培品種で、染井吉野のような五枚の花弁をもつ一重ではなく、花弁が10-20枚位の花です。いわゆる「八重桜」ほど花びらの枚数が多くなく、明らかに一重ではないことから「半八重」といわれるタイプに分類されます。花は「染井吉野」よりも大きく、色も染井吉野よりも濃い赤の美しい花を咲かせます。

最初の春、やっと咲いた!

 (279)

写真は4月2日の様子。見事に咲きました。まず、準備したのは、素焼きの鉢です。これに根の土をくずさないようにして、赤玉土7、腐葉土3の混合比率の用土を用意し、追加して植え替えました。鉢は日中、特に日当たりのいいところに置きます。水は表面が乾いてきたら、底からだくだく溢れるくらいたっぷりとあげます。

上の写真が三月八日ですから、約一か月でこの状態になりました。

3度目の春。花数も、ぐっと増える! 

<旭山(3年目の春)>

<旭山(3年目の春)>

根が回ってきたので、軽く土を落とし、補充して一回り大きな鉢に植え替えました(年末頃作業)。結果、春には写真の様に元気いっぱい咲いてくれました。ちょっと右側の突出した枝がバランス悪いようですが、花付きもここが一番いいので、怖くて切れませんでした。昔から園芸用語で「桜切るばか、梅きらぬばか」という格言があります。要約すると、「梅は切って(剪定)して育てるものだが、桜は、切るとだめになるよ」という意味です。理由は、「桜は切ったところから、菌がはいったりして、腐ってしまうから」らしいです。

桜、プチ情報「自生種と栽培品種」

<大島桜(自生種)>

<大島桜(自生種)>

桜は、古来から日本人に愛され、現在では300を超える品種が存在します。その中で、自生しているものを「自生種」、人の手によって作り出されたものを「栽培品種」といい区別しています。日本にある「自生種」は、その特徴から10程度に分類されています。これに対し「栽培品種」は、そのほとんどが「大島桜」という自生種がベースになっているという特徴があります。
たとえば、「ソメイヨシノ」。これはこの「大島桜」と「エドヒガン」という関東に主に自生する桜からできたものと言われています。ざっくりいうと、花が大きく、数多くつくことが特徴の「大島桜」と、「花が咲き終わってから、葉が出る」ことが特徴の「エドヒガン」。それぞれの特徴の、いいとこどりをしたのが、「ソメイヨシノ」という訳です。
42 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事のキーワード

この記事を書いたひと

榊 春樹 榊 春樹