2017年10月30日 更新

初心者必見! 榊流『観葉植物入門』

植物の中でも比較的栽培が簡単とされている観葉植物。インターネット上には、沢山のWebサイトに指南書があります。そこで、ここでは、観葉植物以外でも、野菜類など様々な植物の栽培経験のある当方、榊流『観葉植物』という視点から、見ていきたいと思います。過去の数多くの失敗経験も踏まえたうえで、『観葉植物とは何か?』という原点に立ち返ってみることによって、さらにどこよりも分かりやすく紹介致します。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

『観葉植物』とは? 

とりあえず、水揚げしてみました

とりあえず、水揚げしてみました

画像は、タイトルにある通り、『とりあえず、水揚げ』してみたものです。大きく長く垂れ下がった親鉢の先端部をこの大きさに切って水に差しただけです。でもすでに大木だったため、根も長く伸びており、このまま鉢上げ(土に移植すること)も可能です。
via オリジナル
まず、観葉植物とは何でしょうか? 文字通り一般的には「葉を観賞する植物」のことを指しています。しかし、もう少しジャンルとして、分類してみると、「中南米や砂漠に近い場所=植物に過酷な条件でも育つ=ガーテニングのジャンルとしては、初心者向けに開発された植物」のことが当てはまるそうです。

『観葉植物』選び方のポイント

神代植物公園の温室にて

神代植物公園の温室にて

鹿の角のような形が特徴的です。最近人気のでてきた観葉植物です。
観葉植物が、いくら、「初心者向けの植物」とはいえ、種類によって育てかたの難しさも変わります。もちろん、気に入ったものを育てたいのは、やまやまですが、私がまず、お勧めする方法は、「育てるのが楽」な種類を選ぶことをお勧めします。

たとえば、ガーデニングには限りませんが、何事も最初に失敗してしまうと、大きな挫折感を味わってしまって、なかなか、先に続いていかないものです。でも、徐々にステップアップしてゆく・・・という発想から始められれば、それは趣味としても、長く続けていけるという、自信につながってゆくのではないでしょうか?そういったことをポイントとして、踏まえていくつか見ていきましょう。

代表的な観葉植物の紹介

オリジナル (6813)

via オリジナル
「榊流」としましては、やはり、その植物の特性、自生していた地域の気候、またはどんな系統(何科であるかなど)から育てやすさについて考えてみたいと思います。そういった視点で昔から愛されているもの、あるいは最近人気のでてきたものなど、代表的な観葉植物をいくつか見てみましょう。

繊細な葉は、非常に魅力的だけれど・・・アジアンタム

細かい葉が特徴的で繊細でさわやかな印象の観葉植物です。オーストラリアやブラジルが原産のシダの仲間です。そのため、強い日差しに弱く、また水切れにも弱い傾向があります。「アジアンタム」という名前は「水をはじく」という意味だそうです。

その見た目の繊細さのとおり、葉を直射日光に当てると、一度で、チリチリになって枯れてしまいます。あるいは、水切れでも同様になってしまうことがあります。枯れた葉は、切れば再生します(生えてきます)が、株が弱ってしまうことは間違いありません。

そんな失敗を何回か繰り返し、気が付くと、何も再生しなくなっていた・・・という苦い経験が何回もあります。『観葉』という意味では、個性的であり、非常に魅力的な観葉植物ですが、この『アジアンタム』は、植物初心者にはちょっとハードルが高いかも知れません。

花が特徴的な観葉植物・・・スパティフィラム

スパティフィラム

スパティフィラム

特徴的な花を持つ観葉植物
via オリジナル
スパティフィラムは、非常に特徴的な白い花が印象的な観葉植物です。仏炎苞(ぶつえんほう)という花の種類で、熱帯のアメリカや、東南アジアが原産で、サトイモ科の植物です。こちらも、育成には、コツがいるタイプです。

たとえば、水を好むので、切らせてしまうとすぐにしおれてしまいます。また、強い日差しや低温にも弱く、8度以上の部屋で育てるのが原則です。また、根はりがよく、植え替えも2,3年に一度は必要なため、育成にはそれらも考慮する必要があります。

多肉質な葉が特徴・・・サンセベリア

29 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

榊 春樹 榊 春樹