2017年7月29日 更新

イングリッシュ・ガーデンを巡る旅~ケント地方おすすめのB&B Vol.2~

ガーデニング愛好家が多いイギリスの中でも、『英国の庭』と呼ばれるケント地方では素敵なガーデンのある宿がいっぱい! 今回は花を愛する人におすすめしたい、素敵なB&Bを2軒ご紹介します。ケント地方を旅する際に、参考にして下さいね。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

センスの良さに感動!部屋もガーデンも全てが魅力的。女子好み間違いなしのB&B、Stone Lodge

 (5075)

女性なら誰しも、おしゃれで可愛い宿に泊まりたいもの。ガーデニングを愛する人なら、更にガーデンが美しい場所だったら最高に違いありません。

そんな希望をすべて叶えてくれるB&Bがここ、Stone Lodge です。B&Bの写真を見た時から期待度は抜群だったのですが、オーナーご夫妻の家を見た瞬間にテンションアップ!
 (5077)

映画にでも出て来そうな、蔦のからまる石造りの古い家。歴史を感じさせる大きな家は、ナチュラルな印象を持ちつつ丁寧に手入れされ、手がかけられているのが分かります。

到着した際にはオーナーであるキャロルさんと、とても人懐っこい犬が2匹、お出迎えをしてくれました。
 (5079)

宿泊施設となっているのは、ガレージの上に造られたエリア。オーナーご夫妻は母屋にいらっしゃるので、こちらは完全にプライベートを保てます。

バスルームをシェアしたりするのはちょっぴり苦手、という方や、オーナーのご家族に気を遣う事なくくつろぎたい方にぴったりです。

こちらのガレージ上は以前、ご夫妻の娘さんたちのお友達が宿泊出来るように、数年かけて改装したのだとか。

完成後まもなく娘さんたちが独立し家を出たそうで、今後この場所をどうしようか? と考え、B&Bをスタートしたそうです。
 (5081)

室内に入った瞬間、そのセンスの良さ、そして可愛さに思わず歓声を上げてしまいました。

内部は広く開放的で、窓からたっぷり入り込む日差しが眩しいほどに心地良い!
 (5083)

室内奥手にバスルームがあり、こちらもおしゃれで清潔感あふれる造り。ハンガーなどの小物までもがすべて可愛いのです。

こちらのバスルームには、バスタブはありませんが、パワー充分なシャワーでスッキリする事が出来ました。
 (5085)

窓から外を眺めると、ちょうど温室が見えました。そしてどこに終わりがあるの? と驚いてしまうほど広く、そして丁寧に手入れされているガーデンが。

どこまでも続く美しい芝生、ふさふさと葉を茂らせている木々の緑が、心を穏やかにしてくれます。
 (5087)

お部屋の中はシャビーシックでアンティークな家具がたくさん。それぞれがバランス良く配置されています。

女子好みのインテリアですが、使っているカラーが甘過ぎないところがシックな印象。室内のどこを見ても、女性ならきっと満足すると思います。
100 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

Hazuki Akiyoshi Hazuki Akiyoshi