2017年8月27日 更新

イングリッシュ・ガーデンを巡る旅~スコットニ―・カースルを訪ねて~

英国にはたくさんのガーデンが存在しますが、滞在した時にはもちろんガーデンを見るのも楽しみだけど、忘れてはならないのが邸宅の存在。時代や地域によって異なる、個性を持ったお城や住居が多くあり、ガーデンとの素敵なコンビネーションを描いています。今回は最もロマンティックな庭園とお城と呼ばれるスコットニー・カースルについてレポートします!

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪
 (5996)

スコットニー・カースルは、イギリスは多くのガーデンがあるケント州に位置しています。こちらが他のイングリッシュ・ガーデンと少々趣きが異なるところは、住まいとして建てられたお城がふたつ、あるところと言えるのではないでしょうか。

このスコットニー・カースルはふたつの邸宅のうち、ひとつは廃墟となっており、廃墟とガーデン、どちらも大好きな私にとっては、訪れるのを楽しみにしていた場所なのです。
 (5998)

まずスコットニー・カースルに到着すると、すぐに目に入るのが時計台のある、現在はチケットオフィスとショップのある建物です。

こちらでチケットを購入、ギフトショップもしっかりチェック。平日でしたが、多くの方が来場されていました。
 (6000)

チケットオフィスから奥に進むと、『ニュー・ハウス』と呼ばれている建物が目に入ります。こちらは1837年から1847年の間に建てられています。

そして庭園の奥深くには現在は廃墟となっている、1378年から1380年にかけて造られた、『オールド・カースル』があるのです。

実は最初に『ニュー・ハウス』の外観を見ると、失礼ながら「ホントにロマンティックな庭園なのかな?」とちょっぴり疑問が浮かんでしまいました。

もちろん『ニュー・ハウス』も美しい邸宅なのですが、ロマンティックというよりは、どちらかと言えば質実剛健と言った、あるいは男性的な邸宅という印象を受けました。
 (6002)

ニュー・ハウスには半円を描いた手すりがあり、ここから奥へと続く広大な土地、そして遥か向うに建物がちらりと見えました。これがオールド・カースルに当たります。
きっと秋の紅葉の季節には、素晴らしい景色を楽しめるだろうなと想像します。
 (6004)

このニュー・ハウスからオールド・カースルまではなかなかの距離があり、お散歩としてはちょうど良いコースなのではないでしょうか。

滞在した日は非常に天候に恵まれた日だったので、皆さん思い思いに庭園を歩いていました。
また、ちょうどシャクナゲが咲き始めた季節でもあり、満開になればさぞかし美しい眺めに違いありません。
 (6006)

のんびりと歩きながら広い敷地を眺めていると、ようやく『オールド・カースル』に到着しました。正面から見た感じだと廃墟とは思えず、まだ充分に人が住めるのでは?と思わされます。
このオールド・カースルの周囲は堀になっており、ここにも散歩道が続いています。
この裏側からオールド・カースルを見た時は「ロマンティックな庭園と邸宅」という意味が分かり、感動でした!
 (6008)

裏側から見ると、城は崩れ落ちていて、そこへ蔦が絡まり、何とも言えない風情を感じさせます。晴天の日には、周囲の堀の水面に木々が映り、見事なコントラストを描いているのが分かります。

まるでこの美しい廃墟全体が、このガーデンのひとつの重要なフォーカルポイントとなっているかのようでした。
49 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

Hazuki Akiyoshi Hazuki Akiyoshi