2017年8月10日 更新

「ガーデニング」の外枠? 生け垣(いけがき)について学ぼう! 

近所を散歩していて、素敵な生け垣のお家を見つけると、そのお宅の庭には沢山の植物が整然と育てられている・・・ということは珍しくありません。「生け垣」から始まるガーデニングライフ、そんな「素敵」な生垣について、少し学んでみませんか? 

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

「生け垣」とは?

夾竹桃(きょうちくとう)

夾竹桃(きょうちくとう)

通常、マンションでも戸建てでも、お家同士や道路との境界は、目隠しをかねてフェンスなどを設けます。そういった中、フェンスが植物であれば、緑が好きな人にとっては、そこが、より快適な空間になることもあります。

しかし、反面、それが植物である以上、世話をしなくてはならなかったり、管理を怠ると、ご近所の迷惑やトラブルの原因にすらなりかねません。そこで、ここでは、そんな「生け垣」に興味がある皆さん、一緒に少し学んでみませんか?

「生け垣」の種類

マンションや住宅街などを歩いていて、よく目にする「生け垣」を中心に案内いたします。戸建てはもちろんですが、たとえば、マンションなどだと、プロが設計しますので、必然的に管理しやすいものを扱っているはずです。そういった点では多いに参考になると思います。
レッドロビン

レッドロビン

<レッドロビン>
特徴:新葉がその名のとおり、赤く染まり変化に富んだ美しい生け垣を作ることができます。日当たりと水はけのよい場所、肥沃な土壌を好みます。日当たりが悪いと、葉色が濃くなる傾向があります。
植え付け時期:10月~6月
肥料:腐葉土など。
剪定:夏以外(真夏に剪定すると、葉焼け(葉が黒くなる)します)。
つつじ(八重)

つつじ(八重)

<つつじ>
特徴:写真の八重の花は狂い咲きだと思われます。ツツジは、生け垣だけでなく、鉢植えや通常の庭木としても親しまれている古くからある植物で、マンションなどでも取り扱いがしやすいのか、多く生け垣として採用されているようです。また、常緑性で和風庭園だけでなく、洋風の庭園にもよく合います。特に4月中旬から5月上旬にかけては、ピンク色の花が一面に咲く光景を楽しむこともできます。
植え付け時期:11月~6月
肥料:鹿沼土とピートモスを配合した土を植え付け時に施肥。
剪定:花の直後。
さつき

さつき

<さつき>
特徴:さつきもツツジ同様、生け垣だけでなく、鉢植えや通常の庭木としても親しまれている古くからある植物で、マンションなどでも取り扱いがしやすいのか、多く生け垣として採用されているようです。花も含め、ツツジとよく似ているため、間違われることが多いようです。

5月に花を咲かせるのがさつき(五月)、正確には旧暦なので、6月、とにかくツツジよりも遅めの花と覚えるのがいいでしょう。ちなみに見分け方のポイントは、葉が大きく光沢のないのがツツジで、葉が小さく(1円玉より一回り、二回り位小さい)、光沢のあるのが「さつき」です。

また、ツツジ同様、常緑性で和風庭園だけでなく、洋風の庭園にもよく合います。特に4月中旬から5月上旬にかけては、ピンク色の花が一面に咲く光景を楽しむこともできます。
植え付け時期:11月~6月
肥料:鹿沼土とピートモスを配合した土を植え付け時に施肥。
剪定:花の直後。
アベリア

アベリア

<アベリア>
特徴:最近、生け垣としてよく見かけるのがこの「アベリア」です。調べたところ、沢山理由があるようです。まず、病害虫に強く、病気にもあまりかからず、生長がはやい点です。さらに耐寒性、耐暑性、耐大気汚染にも優れており、管理に肥料もいらず、かつ土質も選ばないそうです。さらに、初夏から秋までという長期間に渡って、枝先に釣鐘状の小さな白花をつけるため、その季節は鑑賞も出来ます。また、生長がはやいことなどもあり、刈り込んで形を作る方法と、放任して自然樹形で鑑賞するという2つの栽培方法が選べます。
植え付け時期:2~6月、9~11月
肥料:ほとんど不要。
剪定:特に時期指定はなし。
ドウダンつつじ

ドウダンつつじ

特徴:春にスズランの様な可愛らしい花をつけるのが特徴です。特に秋の紅葉が素晴らしく、そちらを中心に考えるのもひとつのアイディアかも知れません。枝が密生する特性があり、落葉樹ですが、生け垣として使われる機会も多いようです。
植え付け時期:10~6月、酸性を好むため、鹿沼土での植え付けがお勧め。
肥料:開花前に油カスト腐葉土や堆肥をカブ回りに穴を掘り与える。
剪定:特に時期指定はなし。
25 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

榊 春樹 榊 春樹