2017年9月20日 更新

電線が必要なくなる!?闇を照らす技術・植物の研究が進む

空に伸びる電線が無くなる日も近い!太陽光を蓄電して夜間に発光する塗料や、自らが光を放つ植物の研究が進み、最小限の電気エネルギーで生活できる時代が訪れそうです。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪
Free photo: Silhouette, Sunset, Girl, Ocean - Free Image on Pixabay - 1447173 (6169)

夕暮れ時。

水色の空は、薄くサーモンピンクに染まり……だんだんと、オレンジ色に変わっていきます。

「あっ。」

という間。

空に広がる雲には、沈む夕日が反射。光と影のコントラストで素敵な形を浮きだし、まるで絵画のよう!
夕暮れ時の刻々と変わるグラデーションは、なんともいいものですね。

道路を走っている車も、スモールランプをつけ始め、夕暮れを意識し始めます。

街は、エントランスの電気のスイッチをつけ始め、家族が帰ってくるのを迎え入れる準備が始まります。

1日が終わる時。

空のオレンジ色の光と、
「おかえりなさい。」
の、オレンジ色の光の点灯。

どちらのオレンジ色もやわらかくて良いですね。
Free photo: Tree, Sunset, Nature, Sky - Free Image on Pixabay - 2664132 (6173)

そんな贅沢なひと時、ふと気になるのが、黒い糸のシルエットとなった
「ブラーン。」
とした電線の影。

刻々と変化する美しい空に、グレーの電柱と電線が乱立していると、どうしても、違和感が否めません。

高圧電線から伸びる、驚くべき数の電線を見ると、「なんだか不自然。」と、感じるのではないでしょうか?

やっぱり、何本も空中を横切る電線は、景観を損ねます。

人間にとって、必要な電気の供給をしてくれる、重要な機器なのですが……。
電気の使用は、二酸化炭素が増えて、地球温暖化が進んでしまうのです。

電気を使用しないで、暗闇を照らすことは出来ないものか?
現在は、色々な開発が進んでいます。

電柱・電線が空から無くなのも、遠い未来の話ではない!

日本でも、2020年に開催される東京オリンピックに向けて、外苑西通りでは「電線共同溝工事」無線電柱化が進んでいるのです。

外国の美しい風景に電線が無い

Free photo: Road, City, At Night, Lamps, Orange - Free Image on Pixabay - 403752 (6131)

電線の無いすっきりとした空間とは?

すっきりとした街、イギリスを見ていきましょう。

イギリスでは、今から200年もの前に世界で初めて街灯としてガス灯を設置した国として知られています。
そこから約70年、ガス灯がともされる時代が続き、街灯の明かりはナトリウムランプという、暗いオレンジ色の電気に変わりました。

街灯に使用されているのは、低圧ナトリウムランプの光。

イギリスでは、霧が多く発生するので、白色に光る蛍光灯の光より、霧の粒に反射する光が優しく、光が拡散されず目に届きやすい、このランプが使用されている様です。

ナトリウムランプは、虫を寄せ付けやすい紫外線を含んでいないため、街灯の周りに虫が飛散している状態にならないので、その点でも景観を損ねません。

日本では、白色のLEDランプの方が、寿命の点や電気代に関しても風土に合っているようです。

電気を使用しない庭の照明

Free photo: Home, Courtyard, Window, Sky - Free Image on Pixabay - 461279 (6129)

・庭にソーラーライト
庭の適所に照明があると、光が夜の空間に広がりをもたらしてくれ、防犯面でも安心です。
ソーラータイプのLEDライトを庭に設置しておけば、夜、死角となる場所を無くすことが出来ます。

ソーラータイプの物は、日中太陽の光を集めて、それを電力として夜間に点灯してくれる仕組みです。
このため、太陽光を十分に集められる場所に設置する必要があることを、覚えておきましょう。
電気を必要としない、埋め込み式なので、自分でも簡単に設置出来て、値段もお得な物が多いで、おススメです。

・防犯ライト
防犯のためのライトは、センサー式のLEDライトで設置するのが、良いでしょう。
ソーラータイプもあり、電池の交換が必要ないものも出回っていて、手間も少なく、長い目で見てコストも節約になります。

光る塗料で道路から街灯が無くなる!?

Free photo: Blurred, Bokeh, Bright, City Lights - Free Image on Pixabay - 2178685 (6134)

オランダでは、一部の小さな町で、街灯が無くても、夜間に高速道路を走行できるような試みが始まっています。

この地帯での高速道路には、街灯はなく、すっきりとした道幅の横に3本の光のラインがあるだけ。

この光る3本のラインは、光ルミネンス性のパウダーで、日中太陽の光を吸収し、暗くなると発光する性質の塗料なのです。

この塗料のお陰で、道端が明るく光り、まるで飛行機の滑走路の様!

この光る塗料は、日中、太陽からの光の充電によって、夜間8時間ほど発光するようです。

未来は、夜間に電気を使用しなくても、色々な物で照明の代用が可能になってきている!
電柱と電線が無くなって、すっきりした空間になる日も近いのです。

近い将来には、家に帰ってくると、光る植物が迎えてくれるようになりそうです。

電飾しなくても美しく光を放ってくれるクリスマスツリーや街路樹があれば、美しさもさることながら、二酸化炭素の放出も大きく削減出来て、すっきりとした空間も手に入れることが出来るでしょう。

DNA操作で自ら発光する植物を作り出す

Free photo: Jellyfish, Water, Sea, Underwater - Free Image on Pixabay - 994487 (6241)

21 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

AkiraNote AkiraNote