2017年9月30日 更新

NASAが認めた!空気清浄効果のある【エコプランツ】でお部屋の空気をクリーンに

空気を綺麗にしてくれる効果があるとNASAが認めた「エコプランツ」を、お部屋に置いて育ててみませんか?丈夫で簡単に育てられ、効果が高い種類を選んでみました。深呼吸したくなるお部屋の空気。理想ですよね。

[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪
写真素材AC (6773)

via 写真素材AC
毎日、マイナスイオンたっぷりの、森林浴をしながら日々の生活を送る状況を想像してみて下さい。
環境を取り巻く空気が、人間に与える影響は、計り知れないものがありますね。

何となくイライラしたり、居心地が悪いのは、ホルムアルデヒドやベンゼンといった化学物質や、カビやバクテリアなどの有害物質が漂い、空気がよどんでいるのかもしれません。

こんな空気の状態を、植物の力が浄化してくれるのです。

NASAの研究で、有害物質除去の効果が高い植物を「エコプランツ」と呼んでいます。

「エコプランツ」とは、NASAで、宇宙ステーション内の空気を浄化する植物について研究した結果、空気を浄化する作用のあるとして認定された植物です。
育てることの手間を考えても、植物はそこに存在するだけで、私たちに多くの恩恵をもたらしてくれます。

「エコプランツ」を取り入れれば、あなたの不快な症状を和らげてくれるかもしれません。

植物の力を借りて、美味しい空気を作り出すことを目指してみませんか?
写真素材AC (6778)

via 写真素材AC

「エコプランツ」と呼ばれる観葉植物の働き

観葉植物を室内に置くと、葉から放出される水分によって、空間の湿度調節をしてくれます。
また、マイナスイオンを発生させ、心理的にも心を落ち着ける効果があり、葉の緑色が目の疲れを癒してくれるなど、様々な利点があります。

数ある観葉植物の中で、エコプランツに選ばれた植物の特に優れた点は、空気を浄化してくれる力です。

空気中には、目に見えませんが、人間にとって有害な、カビやバクテリアが漂っています。
綺麗に掃除しているはずの部屋でも、目に見えないほこりの中に、人間にとって有害な細菌が飛んでいるのです。

エコプランツは、ファイトケミカルという天然の化学物質を空気中に放出することにより、カビやバクテリアといった細菌を抑制してくれます。
人間が過ごしやすいように、環境を整える働きをしてくれるのです。
写真素材AC (6799)

via 写真素材AC
また、住宅のの建築に使用する建材は、法規制により、人体に影響を及ぼす有害物質を発するものを使用しない様に規制されていますが、室内からは、微量ながら、建具や家具などから有害物質が放出されていることが考えられます。

通常、植物は空気中の二酸化炭素を取り除く効果が期待できますが、エコプランツは、そればかりでなく、シックハウス症候群の原因となる、部屋に充満するホルムアルデヒドや、ベンゼンなどといった、揮発性の有機化合物を取り除いてくれる効果が期待できるのです。

ここでは、NASA(アメリカの航空宇宙局)が認めた、空気浄化作用のある観葉植物「エコプランツ」をご紹介します。

エコプランツとして認定されたものは、普段、園芸店でも目にするものが多く、誰でも簡単に手にすることが出来る植物たちです。

それでは、実際に、どの植物が空気清浄効果に優れているのか、見ていきましょう。丈夫で、育て方が簡単な種類を選んでみました。

空気浄化の効果が高いサンセベリア

写真素材AC (6777)

via 写真素材AC
まず、エコプランツとして最も効果の高い観葉植物はサンセベリアです。
緑と黄色のコントラストが印象的で、別名「虎の尾」とも呼ばれます。

サンスベリアは、夜間にも二酸化炭素を吸収して酸素を供給するという、他の植物には無い特徴を持っています。

住宅の建材やクロスなどから発せられる、ホルムアルデヒドやクロロホルムなどを分解してくれる作用が強いと言われています。

この肉厚の多肉植物は、繁殖力が強く、次々と新しい葉を出します。土の中でも太い根を旺盛に張り巡らせます。植え替えの時期を過ぎてしまうと、鉢を壊さなけれは抜けないほどに育ちます。

サンセベリアは乾燥にも強く、病害虫の心配もなく育てやすい植物です。日光を好みます。
気を付けるべきことは、寒さには弱いので、冬季は陽だまりの様な所に置いて、夜間に冷やさないことが肝心です。
この植物は、十分に生育すると、花芽が伸びてきます。白からクリーム色の線香花火のような花が咲き、強い香りを発します。

葉の色の種類が豊富なポトス

写真素材AC (6775)

via 写真素材AC
ポトスは、家庭やオフィスでも良く見かける植物ですね。
つる性のポトスは、耐陰性も強く、乾燥にも耐え、とても育てやすい植物です。

原生地はソロモン諸島や、東南アジアの亜熱帯と熱帯雨林といった、主にジャングルに生育しています。
ポトスは、気根を伸ばして、他の植物にからみながら成長する植物です。支柱にからませて育てると、上部の葉が大きく成長します。原生地では、葉が1メートルほどの大きさにまで育つことがあるようです。

気根を伸ばしている部分から切り取り、用土に植え込むことで簡単に増やすことが出来ます。
ポトスは、耐陰性はありますが、あまり暗い場所に置くと、葉の色が悪くなり、生育が止まってきます。この様な場合には、部屋の明るい場所に移動させると、色が復活して成長が戻ります。

元々の生息地からみると、ポトスにとって、熱帯雨林のジャングルで育つことが理想です。空中湿度を高め、カーテン越しの光が丁度良いでしょう。強い直射日光に当てると、葉やけを起こして枯れてしまうこともあるので注意が必要です。

育ててアレンジが効くアイビー

写真素材AC (6800)

via 写真素材AC
28 件
[PR]ご近所さんとはちょっと違う、個性的なお庭用品ならガーデンガーデン♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ パラム・ハウス&ガーデンズ Vol.1 ~

パラム・ハウス&ガーデンズは、ロンドンからも日帰りで行くことのできる場所、イギリス南東部のウェスト・サセックスにあります。広大な敷地に佇むエリザベス朝の大邸宅と美術館レベルのさまざまなコレクション、そして魅力にあふれたガーデン。今回はこの歴史あるパラム・ハウス&ガーデンズについてレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.2 ~

莫大な遺産を父から受け継ぎ、夫からは英国王室を含む上流階級の人々とのコネクションを得たマギー・グレヴィル。のちに億万長者の未亡人となった彼女が過ごしたポールスデン・レイシーはナショナル・トラストの中でも人気の高い施設のひとつです。今回はこの広大の敷地の中にある庭園の魅力についてご紹介します!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ポールスデン・レイシー Vol.1 ~

ロンドンからわずか30マイル弱の場所、ドーキングを南西に向かったエリアにあるポールスデン・レイシー。エドワード朝の豪奢な邸宅と広大な敷地に広がる庭園は、ナショナル・トラストが管理している中でもとても人気の高い場所です。今回は、ポールスデン・レイシーのレポートをお届けします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.2 ~

イギリス人として初めて、そして最年少でノーベル文学賞を受賞し、数多くの作品を残した作家、詩人のラドヤード・キップリング。今回は彼の終の棲家となった、日本ではまだあまり知られていないイングリッシュガーデンのひとつでもある、ベイトマンズの庭園についてレポートします!
イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

イングリッシュガーデンを巡る旅 ~ ベイトマンズ・ガーデン Vol.1 ~

英国を代表する作家、詩人であるラドヤード・キップリング。世界を旅し、住み歩いてきた彼が、1902年より亡くなるまでの34年間を過ごした終の棲家がベイトマンズです。 広大な敷地に佇む邸宅と、それを取り囲む庭園。今回は文豪キップリングが愛したベイトマンズとそのガーデンのレポートをお届けします。

この記事を書いたひと

AkiraNote AkiraNote